おすすめ記事

おすすめ記事一覧

Bubble・言語とアプリ内コミュニケーション、SNSについて

Image result for bubble ノーコード

みなさん、こんにちは。いかがお過ごしでしょうか。寒い日が続いていますので、体調の変化にお気をつけください。この記事ではノーコードツールbubbleの言語とアプリ内コミュニケーション、そしてSNSに関する説明をします。写真を使った説明が多くなりますので、よく注意してご覧ください。それではLet’s Go!

言語とアプリコミュニーケーション

bubbleアプリケーションはデフォルトでは英語でメッセージを送信して表示するため、アプリに組み込まれている言語をカスタマイズしなければならない場合があります。(つまり、 英語から日本語に変えなければならない ということです!)bubbleは、アプリの言語の変更、メッセージのカスタマイズ、さらには多言語アプリをサポートしています。これは、 設定タブの言語セクション で設定できます。

アプリの言語

メインの言語

メイン言語とは、言語設定が設定されていない場合に、アプリを実行するために bubble が使用する言語です。この言語は、アプリケーションがユーザーに送信したり表示したりするメッセージを定義するために使用され、位置情報に敏感なエレメント(要素)がどのように動作するかを変更します。例えば、日付入力要素とカレンダー要素、またはマップ要素のキャプションで日付がどのようにフォーマットされるかに影響します。

言語コード

bubbleは言語をコードを用いて表しています。コードは、言語リストの括弧の間にあるものです。例えば、アメリカ英語は ‘en_us’、フランス語は ‘fr_fr’、簡体字中国語は ‘zh_cn’ です。もっとも大切だと思いますが、日本語は’ja_jp’です。言語や地域版がない場合はbubbleに連絡する必要があります。連絡先はこちらもメールアドレスです。support@bubble.io

ユーザーが自分の使いたい言語に設定する

アプリで複数の言語をサポートする予定の場合、ユーザーがアプリを使用する言語を設定できます。bubbleでは、この情報を保存するためのフィールドをユーザータイプに定義できます。 これは「text」タイプのフィールドでなければなりません。 ユーザーが使用したい言語の値をフィールドに保存するのは、ワークフローにおける開発者の責任です。保存されるべき値は、上記で定義された言語コードです。(英語、フランス語、中国語など)

アプリケーションの言語は URL で設定することもできますが、lang querystring パラメータを使用します。これは、URLにlang=codeを追加することを意味します。ここでcodeは、標準化された言語コード、すなわち、設定 > 言語で見つけたものです(これらのコードのほとんどは、すべてではありませんが、2文字、アンダースコア、2文字の形式を持っています)。たとえば、アプリでロシア語を使用するには、このURL https://myapp.com?lang=ru_ru をクリックします。

優先度の高い順に、現在の言語の定義方法を示します。(1がもっとも優先順位が高いです)

1, URLに “lang “パラメータが設定されている場合は、それを使用します。

2, フィールドの値が存在する場合は、現在のユーザーの言語を使用します。

3, アプリケーションの主言語を使用します。

4, 英語を使います。

アプリのメッセージを修正する

設定タブの言語セクションでは、 アプリがユーザーに表示するさまざまなメッセージの内容をカスタマイズする こともできます。たとえば、パスワードの確認を伴う「ユーザーをサインアップ」アクションを使用していて、パスワードが一致しない場合、「2つのパスワードが一致しません!」というメッセージを変更することができます。これを行うには、変更したい言語を選択して、リスト内のアプリケーションメッセージを編集することができます。

アプリのテキストを使う

ページ内のいくつかのエレメントの内容を言語に応じてカスタマイズする必要がある場合、bubbleではいくつかのApp Textsを定義することができます。各エレメントレベルで条件を使用してすべてのテキストをリストアップするのではなく、App Textsを定義することで、現在の言語に応じて異なるテキストを定義することができ、よりスケーラブルで効率的な方法です。アプリ・テキストを作成するには、式コンポーザー(Expression Composer)で「アプリ・テキスト」を選択します。

このデータソースを選択すると、新しいテキストを作成するか、既に定義されているものを使用することができます。

各アプリテキストの内容の編集は、ネイティブアプリのメッセージを編集するのと似ています。編集したい言語を選択し、リスト内のメッセージを編集します。

実行モードでは、App Textsは現在の言語で定義した値を返します。

以上ここまでが言語とアプリ内のコミュニケーションに関する説明でした。後半ではSNSに関する説明をします。後半も写真が多いので、よく注意してご覧ください。

SNS

bubbleは、ユーザーがアプリへのリンクを共有したときに、SNS上でアプリがどのように見えるかをカスタマイズすることができます。

SNSのためのオープングラフタブ

人気のあるSNSでは、 あなたのウェブサイトへのリンクがプラットフォームに投稿されたときにどのように見えるか をカスタマイズすることができます。この設定(オープングラフのメタタグ)は、メタタグセクションで制御することができます。 画像や表示されるテキストの内容をカスタマイズする ことができます。

bubble.io サイトの設定は以下のようになっています。

Facebook上ではこんな感じです。

設定タブでこれらの設定を定義すると、アプリケーションのすべてのページに適用されることに注意してください。bubbleでは、ページレベルでこれらの値を変更することもできます。これは、一般的な画像の代わりに動的な情報(例えば、現在のページの商品画像)を使用したい場合に特に便利です。 ページレベルでいくつかの設定がある場合、アプリケーションの設定よりも優先されます。  

まとめ

いかがだったでしょうか。bubbleはもともと英語で作られているため、日本語に設定する必要があり、丁寧に設定することが求められていますね。各種設定で細かなメッセージの内容変更も可能ですね。アプリの開発者の細かな気遣いが出てくるところかもしれません。それではまた別の記事でお会いしましょう。See You Soon!

Katsu

Katsu

高校まで日本で育ち、大学からアメリカ・ニューヨークへ。マスメディア、ジャーナリズム、インターネットメディア戦略を専門に修学。コロナ禍でオンライン主体になりつつある世の中で、記事が何かの手助けになれば幸いです。







関連記事

  1. Adalo Resource・マーケットプレイスペイメント後編(Stripe)(スクリーンとコンポー…

  2. 記事作成

    BubbleのSlugと再利用可能な要素について解明してみた!!

  3. Adalo Resource・ACHペイメントと銀行送金(Stripe)(スクリーンとコンポーネント…

  4. Adalo Resource・とりあえず始めてみる

  5. Adalo Resource・スライダー(音量調節)とオーディオプレーヤー(スクリーンとコンポーネン…

  6. 記事作成

    Bubbleのプラグイン特別編を解説してみた!!

  7. SaaSロゴ

    Webflow(CMS)

  8. 記事作成

    Bubble・アプリをテストする際の一般的な設定

  9. SaaSロゴ

    Husky(Jungleworks)

人気記事

  1. topimage
  2. 記事画像
  3. top_image
  4. 特集記事

おすすめ記事一覧

  1. 記事画像
  2. 記事画像
  3. 飲食店 会計
  4. 記事画像
  5. 記事画像
PAGE TOP