おすすめ記事

おすすめ記事一覧

Bubble・SEO(検索エンジン最適化)

Image result for ノーコード bubble

みなさん、こんにちは。いかがお過ごしでしょうか。寒い日が続いていますね。たくさん食べて免疫つけていきましょう。この記事では、ノーコードツールbubbleでのSEO(検索エンジン最適化)について説明します。前回の記事とは異なり、文章が多い記事になりますが、ぜひ頑張って読みきっていただけると幸いです!ではLet’s Go!

SEO

多くの種類のWebアプリを成長させるためにはSEOが重要ですが、bubbleには検索エンジンが求めるSEO基準を満たすための機能が用意されています。

一般的に覚えておくべき原則は、SEOの中核をなすのはウェブサイト上のコンテンツの権威であり、ユーザーがサイト上のコンテンツをどのくらいの頻度で見つけたかという(漠然とした)指標によって間接的に測定されるということです。つまり、 サイトのSEOランキングを向上させるための強力な第一歩は、ユーザーが実際に欲しいと思う良質なコンテンツでサイトを埋めること だということです。単に「SEOチェックリスト」の他のすべてのボックスにチェックを入れるだけでは、基礎となるコンテンツが強力でなければ、何の役にも立ちません。

Bubble内のSEOツール

bubbleでは、 検索エンジンのクローラーにあなたのサイトがどのように見られるかをカスタマイズする ことができます。これらは高度な設定であり、これらの設定がどのような結果をもたらすかを正確に知っている場合にのみ、変更する必要があります。間違った設定は、検索エンジン上でのあなたのサイトの評価を大きく変える可能性があります。検索エンジンは、何が高順位を作るのかについて非常に秘密主義であることを心に留めておくことが重要です。

SEO最適化のための良い出発点は、設定 > SEO / メタタグにあります。

“テキストエレメントのタグの種類を公開する” – テキストエレメントに異なるタグを使用する

「テキストエレメントのタグの種類を公開する」にチェックを入れると、いくつかのエレメントを’h1′, ‘h2’, ‘h3’として定義することができます。

Robots.txtファイルとサイトマップ

robots.textファイルは、あなたのサイトがインデックスされるときに 無視すべきページについて、検索エンジンのクローラーにいくつかの指示を与えます。 bubbleは、すべてのアプリのrobots.txtファイルを公開します。デフォルトでは、アプリの開発バージョンはインデックスされません。カスタマイズしたい場合は、「Customize robotx.txt」にチェックを入れて、ファイルの内容を上書きします。

サイトマップファイルとは、あなたのサイトのコンテンツの構成を検索エンジンに伝えるために、あなたのサイトのウェブページをリストアップすることができるファイルです。検索エンジンのウェブ・クローラーはこのファイルを読み込んで、あなたのサイトをよりインテリジェントにクロールします。サイトマップを公開したい場合は、「サイトマップファイルを公開する」ボックスにチェックを入れ、表示するページを選択します。これでrobots.txtがサイトマップを指すように更新され、サイトマップが生成されます。

301リダイレクト

301リダイレクトとは、あるURLから別のURLへの永久的なリダイレクトのことで、ランキング値のほとんどを新しいURLに転送します。SEOセクションの下部では、古いURLと新しいURLを入力することができます。 URLはフルURL(プロトコルを含む)である必要があり、アプリ内の既存のページではないことに注意してください。 例えば、アプリのappname.com/page1にページがあり、URL appname.com/page1/somethingにリダイレクトを定義した場合、リダイレクトは発生しません。

SEOオーディットクリテリア

ChromeにはSEO監査ツールが内蔵されています(Chromeのインスペクタ > 監査タブを開いて、このテストやその他のテストを見つけることができます)。このテストでは、GoogleのSEOアルゴリズムに決定的な影響を与える一連の基準を呼び出します(正確なアルゴリズムは秘密にされており、Google以外の検索エンジンも存在することに改めて注意してください)。ここでは、この監査からの各基準のレビューと、bubbleアプリがそれぞれの基準でどのようにパフォーマンスを発揮するかを紹介します。

・Mobile friendly: タップターゲットのサイズが適切でない – ボタンやリンクなどのインタラクティブエレメントは、他のエレメントに重ならずにタップしやすいように、十分な大きさ(48x48px)で、その周りに十分なスペースを与えるようにしましょう。(基本的にアプリ上で人間の指が押しやすいボタンのサイズが好まれるはずです。)もちろん、bubbleアプリのクリエイターは、すべての画面サイズにわたってアプリのデザインを完全にコントロールすることができます。

・「<meta name=”viewport”>タグに幅またはイニシャルスケールを設定しています」 – viewport metaタグを追加して、アプリをモバイル画面に最適化します。 bubbleは自動的にこの作業を行います。 

・「ドキュメントには<title>エレメントがあります」 – タイトルはスクリーンリーダーのユーザーにページの概要を与え、検索エンジンのユーザーはページが検索に関連しているかどうかを判断するためにこの要素に大きく依存しています。bubbleアプリの作成者は、ページが選択されているときに、プロパティエディタを介してアプリの各ページのタイトルを設定することができます(これを確認する方法の1つは、デザインタブのページのトップバーにある要素セレクターを使用することです; “Title (for SEO / FB) “を探してください。

・「ドキュメントにはメタ記述がある」 – ページの内容を簡潔にまとめるために、検索結果にメタ記述が含まれることがあります。これは、ページのタイトル(上記参照)と同じ方法と場所に設定されています – “説明(SEO / FB用)”を探してください。

・「ページには成功したHTTPステータスコードがあります」 – 成功しなかったHTTPステータスコードを持つページは正しくインデックス化されない可能性があります。 bubbleは自動的にこの作業を行います。  

・「リンクには記述的なテキストがある」 – 記述的なリンクテキストは、検索エンジンがあなたのコンテンツを理解するのに役立ちます。bubbleアプリのクリエイターは、アプリ内のリンクの内容を完全にコントロールすることができます。

・「ページはインデックスからブロックされていない」 – 検索エンジンは、ページをクロールする許可がない場合、あなたのページを検索結果に含めることができません。bubbleは自動的にこの作業を行います。

・「robots.txtは有効です」 – robots.txtファイルが不正な形式である場合、クローラーはあなたのウェブサイトがどのようにクロールされたりインデックス化されたりするかを理解できない可能性があります。bubbleは自動的に動作するrobots.txtファイルを生成しますが、ユーザーはこれをカスタマイズすることもできます。

・「画像要素には[alt]属性があります 」- 情報的な要素は、短く説明的な代替テキストを目指すべきです。装飾的な要素は空のalt属性で無視することができます。画像のaltタグは、画像を選択したときにプロパティエディタで設定できます。

・「ドキュメントには有効な hreflang があります」 – hreflang のリンクは、検索エンジンに、指定された言語や地域の検索結果に表示されるべきページのバージョンを伝えています。bubbleは自動的にこの作業を行います。

・「ドキュメントには有効なrel=canonicalがあります」 – Canonicalリンクは検索結果に表示するURLを示唆しています。bubbleはこれを自動的に処理しますが、ユーザーは301リダイレクトを設定することもできます(上記参照)。

・「ドキュメントは読みやすいフォントサイズを使用しています」 –  12px未満のフォントサイズは小さすぎて読みにくく、モバイル訪問者が読むためには「ピンチしてズームする」必要があります。ページテキストの60%以上が12px以上になるように努力してください。 bubbleアプリの作成者は、使用されるフォントサイズをコントロールできます。

・「ドキュメントはプラグインを避けています 」- 検索エンジンはプラグインのコンテンツをインデックスすることができず、多くのデバイスはプラグインを制限したり、サポートしていません。これはbubbleには適用されません(ここでいう「プラグイン」はbubbleのプラグインを指していません)。

他の一般的なSEOに関するトピック

SEO業界は、検索エンジンのアルゴリズムに影響を与える要因を推測しようとする多くの関係者で埋め尽くされています。これは、どの要因が重要であるか、あるいは重要ではないかについての様々な主張につながっています。 前のセクションで挙げたものは、Googleが公表している決定的な要因です。 ここでは、頻繁に出てくるSEOアルゴリズムの要因についての他の推測をいくつか紹介します。

・Pretty URL – ページがどのようなものであるかを明確に示す短いURL、例:mytravelsite.com/miami これが直接SEOランキングの要因になるという証拠はあまりありませんが、 きれいなURLを持つことでURLのクリックスルー率が上がり、SEOに影響を与える可能性がある という説もあります。bubbleアプリの場合、データベース内のThingをベースにした動的なページ(つまり “Type of content “が設定されている)は、自動的にURLにThingの固有IDを持つことになります – これはランダムなハッシュです。ページに “Type of content “が設定されている場合、そのページは “Readyable URL用のフィールド “を持つこともでき、ThingsのユニークIDの前にURLにReadyableな単語を追加します。(フォーラムで様々なユーザーが公開しているbubbleできれいなURLを実現するための「仕掛け」がありますが、これは現時点ではbubbleの公式機能ではありません)

・bubbleページのレンダリング – 検索エンジンは、それらがどのようにレンダリングされているため、bubbleページをクロールするのに苦労しているのでしょうか?bubbleはページがレンダリングされた後にクローラーにページを「送る」ための特別なロジックを持っているので、これは一般的には問題ではありません。一般的に、これはページのコンテンツを送信しますが、複数のステップや複数の要素でコンテンツを読み込むページでは、これは完全には動作しないかもしれません。もしこれがあなたのページに特に問題がある場合は、ページ上のコンテンツとその読み込み方法を再構築することを検討してください。Google Search Consoleには、Googlebotが指定されたURLをどのように「見ている」かを確認できるツールがあります。

・ページの読み込み速度 – bubbleアプリのページはページの読み込み時間が遅いとペナルティを受けるのか?ページロード速度はSEOランキングの要因であることは間違いありませんが、「速い」と「遅い」の正確なしきい値は不明です。一般的な注意点として、bubbleはアプリのパフォーマンス(ページの読み込み速度を含む)を最優先事項として見ているので、常に最適化を行っています。bubbleアプリは一般的にGoogleのページロード速度テストでは問題なく動作しますが、ページロード速度はbubbleページがどのように設計されているかに大きく依存します – 例えば、大きなクエリは一般的にページロードを遅くします。 キャッシングを支援するCloudflareは、ページの読み込み速度に影響を与える可能性がありますが、すべてのbubbleアプリで利用可能です。 SEOに影響を与えると考えられている他のいくつかの要因(例:インラインCSSの使用、HTML圧縮、HTTPリクエストが多すぎるなど)は、それらがSEOの要因であることを裏付ける公式な証拠はあまりありませんが、ページロード速度に影響を与える可能性があるため、間接的な影響を与える可能性があります。

・構造化されたデータ – bubbleページはSEOに送信する他の種類の構造化されたデータを含めることができますか? 今日、検索エンジンは、検索エンジンユーザーにリッチな検索結果を提供するために、ページから追加の構造化データを受け入れるようになっています(例:これは、Googleがページに「レシピ」が含まれていることを知る方法です)。bubbleアプリの作成者は、ページのHTMLヘッダー(そのページのプロパティエディタを介して)またはサイト全体のHTMLヘッダー(設定 > SEO / メタタグを介して)を編集することで、この構造化されたデータを追加することができます。メタヘッダーで宣言された「キーワード」は、一般的にはもうSEOの要素ではないと考えられていることに注意してください。

まとめ

今回の記事ではノーコードツールbubbleのSEO(検索エンジン最適化)についてご紹介しました。他の記事に比べると文章が多く、読むのに疲れたかもしれません…。お疲れ様です!特に最後のセクションには説明が多くあったので、ご自身で作業される際には記事を何度も読み返していただくと良いかもしれません。それではまた別の記事でお会いしましょう!See You!

 

 

Katsu

Katsu

高校まで日本で育ち、大学からアメリカ・ニューヨークへ。マスメディア、ジャーナリズム、インターネットメディア戦略を専門に修学。コロナ禍でオンライン主体になりつつある世の中で、記事が何かの手助けになれば幸いです。







関連記事

  1. Adalo Resource・ データベースセクションについて

  2. 記事作成

    Bubble・プラグインエディタ&プラグインの一般的な設定について

  3. Adalo Resource・ACHペイメントと銀行送金(Stripe)(スクリーンとコンポーネント…

  4. 特集記事

    あまり知られていない!強力NoCodeツール18選!

  5. 記事作成

    Bubble〜あなたのTo-doアプリの機能拡張〜

  6. 記事作成

    BubbleのSlugと再利用可能な要素について解明してみた!!

  7. 特集記事

    【Webflow】機能や料金を徹底比較!おしゃれなWebデザイン作成ツール!

  8. Bubble

    .bubble(バブル)のプライバシールールを日本語訳解説

  9. 記事画像

    発注者も必見!ノーコードツールで開発を行うメリット13個

人気記事

  1. topimage
  2. 記事画像
  3. top_image
  4. 特集記事

おすすめ記事一覧

  1. top_image
  2. タスク
  3. Bubble
  4. 記事画像
  5. 記事画像
PAGE TOP