おすすめ記事

おすすめ記事一覧

Bubble・API使用ケース&APIを使う

Image result for ノーコード bubble

みなさん、こんにちは。いかがお過ごしでしょうか。この記事ではノーコードツールbubbleでのAPI使用ケースとAPIの使い方について解説していきます。コードに精通されている方にとってはAPIはアプリやWEBを作る上でおなじみのモノかもしれませんね。APIに関する記事はこの記事のみならず、他の記事でも取り扱いますので、チェックしてみてください。それではいってみましょう!

API使用ケース

 bubbleAPIは、アプリを外部の世界(他のサービス)と対話させるための方法 です。これは、プラグイン(または API コネクタ)を介して行われる他のサービスからのデータへのアクセスとは異なります。 API を使用して、特定のウェブフックでイベントを実行することができます。 これは、例えば、以下のようないくつかのケースで便利です。

・Stripeを使ったサブスクリプションでクレジットカードが失敗した時にメールを送信したいとします。bubbleエディタでこれを行うAPIワークフローを定義し、チャージが失敗したときにWorkflow APIを介してStripeにこのワークフローをトリガーさせることができます。

・データベースに作成された新しいものを毎週取得したいとします。Data API経由で新しいものを取得するスクリプトを書くことができます。

・iOSのネイティブアプリ(またはiWatchアプリ)をSwiftでハンドコーディングしたいとします。Swiftでコーディングしたアプリからデータを取得したり、ユーザーにログインしたり、ワークフローを実行したりするために、ワークフローとデータAPIの両方を使用することができます。

 API ワークフローは、アプリでスケジュールされたワークフローを設定するために使用するツール でもあります。スケジュールされたワークフローと定期的なワークフローには外部サービスは含まれませんが、アプリによってバックグラウンドでトリガーされるいくつかのAPIワークフローを設定する必要があります。

最後に、 APIが提供するオプションは、他の開発者にアプリを公開する ことです。Facebookが開発者に「Facebookでログイン」ボタンを使用できるようにしているので、他の開発者にアプリと接続したり、データを読んだり、ユーザーにアプリの資格情報で認証させたりするアプリを構築させることができます。

つまり、bubbleAPIでできることは

・別のサービス/サーバーに、プログラムでbubbleアプリのデータベースを読ませます。これは、同じデータベースを共有すべき別のシステムを自分で構築している場合や、他の開発者にデータを公開したい場合に便利です。

・別のサービス/サーバーに、bubbleアプリ内のワークフローをプログラムでトリガーさせることができます。これは、外部の世界でアプリ内のアクションをトリガーさせたい場合に便利です。

外部の世界にアプリで何かをさせたい場合(ワークフローを実行したり、データを読み込んだり)、bubbleAPIは適切なツールです。一方、 アプリが外部データを読み込んだり、別のシステムでアクションをトリガーしたりしたい場合(Facebookのプロフィール写真を取得したり、TwilioでSMSを送信したりするような場合)、bubbleAPIは適切なツールではありません。 代わりに、プラグインまたはAPIコネクタを使用するか、この新しいサービスを追加するための新しいプラグインを構築する必要があります。

以上ここまでがbubble内でのAPI使用ケースに関する説明でした。後半も張り切っていきましょう!

APIを使う

bubbleAPIへのリクエストを行うことでAPIを利用することができます。これらのリクエストは、あなた自身が行うことも、外部サービスや開発者が行うこともできます。このセクションでは、アプリ内でのAPIワークフローのスケジューリングや一括処理については説明しません。(APIに関する他の記事をご覧ください!)

認証とデータ送信

APIキーを発行するには、設定タブのAPIセクションでこれを行うことができます。API キーでリクエストが行われた場合、そのユーザーは管理者ユーザーとみなされ、データに対するすべての権利を持つことに注意してください。一方、サインアップワークフローによって返されたトークンを使用している場合は、プライバシールールが現在のユーザーに適用されます。

ワークフローAPIの呼び出し

ワークフローのトリガーは、POSTリクエストを介して行われます。

データAPI呼び出し

Data API を通じてデータを作成、修正、取得、検索する場合は、特定の構文に従い、レスポンスはページネーションシステムに従います。

まとめ

今回の記事は以上の内容となります。いかがだったでしょうか。前半は写真がなく説明ばかりだったので退屈にされたかもしれませんが、APIとbubbleの基本的な関係について解説しました。APIに関しては他の記事でも取り扱うので、そちらも一緒にご覧ください。それではまた別の記事でお会いしましょう!See You!

 

 

 

Katsu

Katsu

高校まで日本で育ち、大学からアメリカ・ニューヨークへ。マスメディア、ジャーナリズム、インターネットメディア戦略を専門に修学。コロナ禍でオンライン主体になりつつある世の中で、記事が何かの手助けになれば幸いです。







関連記事

  1. Canva

    Canva無料機能を徹底解説!初心者もまずは無料から!

  2. unbounce

    unbounce

  3. Adalo Resource・フォームとトグル(スクリーンとコンポーネントセクション)について

  4. 特集記事

    SaaSとは?導入のメリットとは?有名SaaSをざっとご紹介!

  5. 記事作成

    BubbleのSlugと再利用可能な要素について解明してみた!!

  6. 記事作成

    Bubbleのプラグイン特別編を解説してみた!!

  7. Adalo Resource・ACHペイメントと銀行送金(Stripe)(スクリーンとコンポーネント…

  8. 記事作成

    Bubble・アプリをテストする際の一般的な設定

  9. SaaS

    ITベンチャーのDX化を調査!株式会社CryptoPieのDX事例

人気記事

  1. topimage
  2. 記事画像
  3. top_image
  4. 特集記事

おすすめ記事一覧

  1. Productivity
  2. 記事画像
  3. タスク
  4. 記事画像
  5. 記事画像
PAGE TOP