おすすめ記事

おすすめ記事一覧

SES業界で積極的にDX化!具体的な取り組みとは? インタビュー先:株式会社レインオンファニー

最終更新日:2021.03.15

業界や業種に関係なく、さまざまな企業が推進しているDX化。SES業界でも着々とDX化が進んでいます。SESでは、エンジニアが客先常駐をし、それぞれの技術を活かして業務を行います。そのようなSES業界ではどのようにDX化が進んでいるのでしょうか。
今回はSES業界の中でも、積極的にSaaSを取り入れ、DX化を推進されている株式会社レインオンファニー様にご協力いただき、お話を伺いました。インタビューでは、社内でのSaaSの導入背景、実際の活用方法にくわえて、今後の展望についてもお聞きしました。

この記事の目次

インタビュー先情報

会社情報

株式会社レインオンファニー(ホームページ:https://www.reinonfunny.co.jp/index.html

弊社は、東京の代々木でSES事業をメインに展開している、創業3期目の会社です。
現在は客先常駐の仕事がほとんどですが、今後は受託開発や自社サービスの導入も検討しています。「Human First」を掲げ、エンジニアのみならず、社員全員がスキルを高められる環境で、満足度の高い組織を目指し、日々挑戦しています。

インタビュー者情報

中田 紗衣様

大学卒業後、大手商社グループでインフラエンジニアとして4年間勤務。
その後、教育事業会社にて教材開発やSaaSのプロダクトオーナーなど人材開発分野で多くの経験を積む。2020年3月より株式会社レインオンファニーに入社し、営業を経て人事採用業務を担当。

導入事例

Trelloと連携でき、すぐに確認できる(Slack)

導入背景

SaaSを導入する際は、コストをできる限り抑えたいという気持ちが大前提としてあり、ツールを使うことによるメリットとコストを天秤にかけて選定をしています。そのため、無料で使える幅が広いツールを導入することが多くなっています。
Slackに関しては、コミュニケーションツールとしてすでに有名で、使いやすいという意見があったので導入を決めました。

使用方法

通常のコミュニケーションツールとして使用するのに加え、タスク管理ツールのTrelloと連携させて使っています。Trello内でタスクの追加や削除など、作業をするごとに通知を送るように設定にしています。

良かった点
無料で使用でき、使いやすい。Trelloと連携できる。

悪かった点
特にありません。

在宅勤務中でも、営業担当同士のタスク管理に成功(Trello)

導入背景

SES業界は、動きが速く情報量が多いという特徴があります。
弊社では営業担当が4人いますが、在宅勤務をしているということもあり、膨大な情報を管理し共有できるツールが必要となりました。
Trelloであれば、Slackと連携することで作業するごとに通知し、リアルタイムで情報を管理することができるため導入を決めました。

使用方法

お互いの情報を共有するために使用しています。Slackと連携させて、変更や追加などがあれば、通知が送られるように設定しています。

達成課題

在宅勤務などで、営業同士で頻繁に話す機会がなくなった場合も瞬時に情報の共有ができるようになりました。

良かった点
Slackと連携できる。

悪かった点
特にありません。

勤務場所を問わず、社員のリアルタイムな勤務の管理に成功!(ジョブカン)

導入背景

エンジニアは現場常駐しているということもあり、勤務表は月締めでExcelで回収をしていました。ただ、その方法だとリアルタイムでどのような勤務をしているのか把握することができず、回収して初めて実は残業が多かったとわかることやExcelの式が壊れるなど、管理に課題を感じていました。そこで、各自が持っている端末で手軽に使え、リアルタイムで勤怠管理ができるツールを探していました。
ジョブカンは、LINEと連携して打刻ができるため、手軽さの部分で導入を決めました。

使用方法

社員の勤怠管理に使用しています。自分の端末でLINEに「打刻」と一言打つと、リアルタイムで打刻管理ができます。また、休暇管理にも利用しています。

達成課題

社員の勤怠をリアルタイムで把握できるようになりました。

良かった点
LINEとの連携でき、社員各自が持っている端末から手軽に使用できる点。

悪かった点
特にありません。

年末調整の申告も電子で簡単に!(PXまいポータル)

導入背景

弊社担当の税理士が所属している事務所が、PXまいポータルを提供しているTKCグループに所属しているからです。使い方も教えてもらえるため、1から他のサービスを探すより迅速に導入できると考え、導入しました。

使用方法

給与明細のオンラインで配信や年末調整の申告などに利用しています。

良かった点
エンジニアは現場常駐しているので、年末調整がオンラインでできるのはメリットとして大きいです。また、会計知識がなくとも使えるシステムになっています。

悪かった点
UIは古めです。

使いやすく、SES関連の管理のしやすさは随一(i-seiQ)

導入背景

代表の川嶋が独立する以前の会社で使用していたという経緯があります。当時から使用しており使い慣れている点、SESに関する管理がしやすいという点を踏まえ、導入しています。

使用方法

案件や入出金管理、注文書、見積書作成などに利用しています。

良かった点
SESに特化しているシステムのため、細かい管理をすることができます。

悪かった点
細かすぎて機能を使いきれていません。また、帳票がメールと連携していないので不便に感じることもあります。

紙ベースのやり取りの減少で、より便利に!(クラウドサイン)

導入背景

緊急事態宣言が出され、多くの方が在宅勤務になりました。その中で、紙ベースのやりとりは限界だと感じ、クラウドサインであれば、印紙や郵送の手間が省くことができるため導入を決めました。

使用方法

契約締結の際に使用しています。

達成課題

印紙や郵送の手間が省くことができ、在宅勤務でも支障を感じなくなりました。

良かった点
印紙代がかからず、郵送の手間を省くことができます。

悪かった点
企業によってはまだ紙を使用しているところが多く、使用できないことがある点。

ツールの一元管理を目指して(Microsoft365)

RE1Mu3b

導入背景

Microsoft365は、2021年3月から導入を予定しています。
導入背景としては、単純に社員が増えてきたということがあります。また、現在は用途に合わせてさまざまなツールを使用しているため、ツールを一元管理したいという目的もあります。G Suiteも検討にあがりましたが、Teamsを使い慣れているエンジニアが多いことから、Microsoft365を導入することに決めました。

使用方法

現在使用しているツールの一元管理を期待しています。今後はSlackもTeamsに移行し、Trelloも同じように使用できるMIcrosoftの機能に移行する予定です。

課題達成

完全移行前なので特にありません。

良かった点
既に使用しているツールと同じ機能がMicrosoftに含まれているので、移行すると一元管理ができる。

悪かった点
導入段階のため、特にありません。

すぐに簡単にメモの共有ができる(Evernote)

導入背景

営業が各自メモしたことを共有するツールの必要性を感じていました。個々の端末でも使え、使いやすいものを検討することになりました。さまざまなツールがありますが、もともとEvernoteを使用している社員が多かったため、Evernoteを導入することにしました。

使用方法

営業社員それぞれがとったメモの共有に使用しています。

良かった点
各自が持っている端末で使用でき、共有できる点です。

悪かった点
特にありません。

気になった点についてご質問させて頂きました!

SaaS導入後、業務の効率化に変化はありましたか?

弊社は、コロナによって在宅勤務が主流になる前から積極的に電子化を進めてきました。
紙ベースでの作業を無くすことで、業務に関してはほとんど効率化が出来てきているのではないかと感じています。

他社で複数のSaaSを導入し、一元管理に苦労したという意見があります。そのようなご意見はありますか?

他の企業や業界では、さまざまな部門があり、その上で複数の部署に分かれ、業務内容が各部署で違っています。弊社はまだ人数が少なく、営業、経理、採用、エンジニアと枠も限られています。そのため、一元管理については、今はまだその難しさは見えていません。この先さらに人数が増え、部門や部署も増えてくると、確かに大変になるかもしれません。

業務上で今もなお、非効率な部分があればお教えください!

交通費や経費の申請がもっと楽になったら嬉しいですね。
現在は、月に一度、Excelに申請金額を打ち込んで、領収書と一緒に管理部に出しています。つい、Suicaを私用で使ってしまうことがあり、申請から外さないと。ということがあるので、もう少し楽になればいいなと感じています。

あったらいいなと思うSaaSにはどんなものがありますか?

すでにありそうですが、Suicaの使用歴を一覧で出したうえで、一覧から私用か申請かを選択し、計算できるツールがあったら嬉しいです。

今後行っていきたい事業があればお教えください!

現在は、SESメインで展開していますが、受託は来期から、自社サービスは3年後に検討を開始する予定で進めています。自社サービスについては、まだどんなサービスを作るかということも決めてはいませんが、社内でアイディアを募集して社会に必要とされるサービスを作っていきたいと考えています。

DX化において必要なこと

今回インタビューを通して、DX化を行うためには導入目的を明確にすること、多くの社員が使い慣れているものや使いやすいSaaSの検討を行う大切さを改めて感じました。
SES業界で日々躍進されている株式会社レインオンファニーも、SaaS導入の際、導入目的を明確にし、そのうえで使えるSaaSを検討されていました。例えば、社外勤務している社員のリアルタイムでの勤怠管理という目的。そのうえで、社員が普段使用している端末で利用できるものを検討されていました。また、他のSaaS検討時は、社員が以前より使用しているSaaSのリサーチも行われていました。
SaaSの種類は多く、目的もなくとりあえず導入すると不要なものを導入してしまい、かえって業務の非効率化を招きます。そのため、何のために、どのような作業効率化を望むのかなど、目的を明確にすることが重要です。また、よりスムーズに社内にSaaSを導入するためには、社員が使い慣れている、または使いやすいと感じるSaaSの検討も大切だと考えられました。

この記事に登場したSaaS

Slack

代表的なビジネスチャットツール。無料で使用することができ、多くの企業が導入しています。

良い口コミ

私たちのチームは今年に入ってからほぼ在宅で仕事をしていますが、Slackのおかげでみんなと簡単に連絡を取り合うことができ、仕事をより早く終わらせることができるようになりました。Slackは今までで最高のチャットアプリであり、特に中小企業にとっては最高のアプリです。

私は新しくインターフェイスを学習していますが、使いやすいです。使用して数分でSlackに魅了されました。

素晴らしいツールで、特にCOVIDの間のリモートワークには非常に役立っています。

悪い口コミ

唯一の悪い点は、スラックでの通話が時々バグることです。開発チームがこのレビューをもとに改良の努力をしてくれることを期待しています。

油断しているとチャンネル数が多くなり、管理がしづらくなる。

参考:https://www.trustpilot.com/review/slack.com

 

Trello

デジタルタスク管理ツールの一つです。カードを動かすことで、タスクを分かりやすく、視覚的に管理することができます。

[blogcard url=”https://andd.live/2837/trello/”]

良い口コミ

全体的に、私はTrelloが好きです。安定していて、便利で、パワーアップとの互換性があり、最高です。

便利なアプリで、毎日使っています! 私の人生をより良く整理するのに本当に役立っています。すべてのデバイス上のリアルタイム同期はとても便利です。くわえて、すべての機能があります!

Trelloを使い始めてかなり経ちますが、ライフプロセスの整理や、頭の中のごちゃごちゃしているものを整理するのに最適なツールだと思います。

悪い口コミ

唯一の欠点は、カレンダーがプレミアム版のユーザーしか利用できないことです。そして、有料でないと自分の画像をデスク上で使うことができなません。

ファイルをアップロードしようとするたびに、接続が切断されていると表示されます。再起動しても、再び表示されます。

参照:https://www.trustpilot.com/review/trello.com

 

ジョブカン

初めてでも、誰でも簡単に使用できる、業界No.1の勤怠管理システム。ジョブカン1つで、勤怠管理に必要な機能をすべて備えています。くわえて、操作性のシンプルさを追求しているため、初めてでもすぐに使い始めることが可能です。

良い口コミ

検索性が良いです。過去に使っていたシステムでは、案件を検索する際、時間がかかり、一覧性も悪いという問題があったので、すごく良いなと思います。人事システムと連携ができるので、人員の更新が楽に済みました。

採用における面接周りのプロセスが一元管理されているところが便利。チャットなどで履歴書や業務経歴書が展開されていると、情報が流出してしまうリスクが高く、過去ログが取れないなどの問題も出てきます。ジョブカンでは一元管理されているので、単純に生産性が上がっています。

悪い口コミ

導入当初は、新しく契約する会社の業務委託費用などの情報を、csvでファイルを落として、発行して他のシステムにアップロードしないといけなかったので、ちょっと不便だと感じました。

 

 

PXまいポータル

PXまいポータルは、マイナンバーも給与明細もまとめて管理できるSaaSです。給与明細等を電子配布でき、印刷や配布に関わるコストの削減を行うことができます。

 

i-seiQ

i-seiQとは、クラウド契約管理・書類発行サービスです。IT業界特有のSESや受託開発の契約情報や取引先情報を一元管理することができます。また、請求書や注文書などの書類発行をワンクリックで行うことができます。

 

クラウドサイン

クラウドサインは、弁護士が監修した電子契約サービスで、日本の法律に特化しています。また、電子によるやり取りのため、契約締結のスピード化が見込めます。印紙代がかからずコストの削減も行えます。

良い口コミ

出勤しなくて良い点と、紛失の恐れもないですし、ちゃんと取り交わせたかの確認も取りやすいです。電子の方が管理がしやすくていいなって思います。

簡単で楽。使いはじめた際は、法的に大丈夫かどうか不安に感じていました。しかし、問題なく使用できています。コロナ禍で特に紙や人の手を動かす無駄が削られたので、便利だと感じます。

セキュリティー対策がしっかりしていると感じます。安心して利用できる。

悪い口コミ

ベンチャー企業では当たり前になってきていますが、大手では知らない会社や使用していない会社が多い。どんどん拡大させていってほしいなと感じます。

参考:https://www.itreview.jp/products/cloudsign/reviews

 

Microsoft365

Microsoft365は、オンラインストレージやOfficeアプリをセットで利用できるサービスです。例えば、Teams、OneDriveクラウド ストレージ、WordやExcelなどのOffice アプリ、セキュリティオプションが含まれており、ツールの一元管理が可能です。

良い口コミ

Office 365に移行してしまえば、Microsoftの次の製品リリースを数年待つという終わりのないサイクルから逃れることができます。その代わりに、アップデートやバグフィックスの準備が整い次第、すぐにアクセスできるようになります。すでに知っているツールなので、シンプルで使いやすいです。気軽にコミュニケーションをとり、共同作業を行うことができます。
使用する際、専門家である必要がなく、誰でも使用できます。また、すべてのアプリを一か所にまとめて統一できます。

参照:https://www.trustpilot.com/review/email.microsoft365.com

悪い口コミ

iphoneでは他スタッフの予定表を参照できないなど、情報共有の見地からまだまだ機能度が低いです。

参照:https://www.itreview.jp/products/office-365/reviews

 

Evernote

Evernoteは進化したノートツールです。画像、音声、スキャン、PDF簡単に記録することができ、使用しているすべての端末でデータを同期できます。

良い口コミ

毎日使用して、確かに多くの時間を節約しています。良いアプリなので、お勧めします。

メモを作るのにとても良いアプリです。私は無料版を使っていますが、それだけで十分です。
私が5つ星をあげている理由は、2ファクタ認証、UIのデザイン、直感的な操作性、メモの作成が簡単、すべてクラウドに保存されるので、多くのデバイスからメモにアクセスすることができるからです。私にとって、Evernoteはメモを作るのに欠かせないアプリです。
旅行者のための必需品!
この非常に便利なソフトウェアは、この3ヶ月間、何の問題もなくパソコン、携帯電話、クラウド間でメモを同期できています。

悪い口コミ

新しいスキャン機能は、(一部の人々のために確かに興味深いが)少しイライラさせることがあります。簡単に無効にすることができますので、完全に否定的できませんが。

参照:https://www.trustpilot.com/review/www.evernote.com







関連記事

  1. 1000人規模の小売業界向け 勤怠管理ツール3選!

  2. tribe

    Tribe

  3. 運輸サービス業(従業員数500人)向け会計ソフト3選|無駄な業務を楽に!

  4. 200人規模の食料品製造業界向け 勤怠管理ツール3選!

  5. 200人規模の道路貨物運送業界向け 勤怠管理ツール3選!

  6. arlington-research-kN_kViDchA0-unsplash

    BPOサービスのDX化|ビジネス環境の変化へ貢献|【ビーウィズ株式会社 】

  7. 500人規模の一般飲食業界向け 勤怠管理ツール3選!

  8. 従業員1000人規模の食料品製造業向け 勤怠管理ツール3選!

  9. 1000人規模の倉庫業界向け 勤怠管理ツール3選!

人気記事

  1. topimage
  2. 記事画像
  3. top_image
  4. 特集記事

おすすめ記事一覧

  1. 記事画像
  2. 記事画像
  3. 記事画像
  4. 記事画像
  5. 勤怠管理
PAGE TOP