おすすめ記事

おすすめ記事一覧

Bubbleのログについて解説!!

記事作成

皆さん、ごきげんよう!!

今回の記事では、Bubbleにおけるサーバーログについて解説していきます。サーバーログを見ることにより、何かしらのエラーが発生した時に過去の記録を確認することができます。Bubbleの中でエラーが起こった時のために今回の記事を是非参考にしてみてください。

概要

Bubbleにあるデバッガ機能は、現状の問題発生への理解に役立ちます。課題を再現する方法がわかれば、このツールを使うことができます。しかし、いくつかのケースでは、問題は過去のものとなります。例えば、支払いに関する問題を報告するユーザーがいる場合、請求書が送信されていない場合など、最初のステップは過去に何が起こったかを確認することです。これはパターンを特定するのに役立ち、再現する方法を見つけることにつながります(そしてその後にデバッガ機能を使用することになります)。

これがサーバーログ機能の目的です。これにより、サーバー上で発生したワークフローの過去の実行を確認することができます。Logsタブでサーバーログにアクセスできます。

サーバーログはアプリのバージョンに依存するため、問題が報告されたバージョン(ライブ版と開発版)を確認する必要があります。

ログ検索

ログを検索するには、検索の開始日と終了日を定義する必要があります。ログの検索には時間がかかることがあり、エディタはエントリーを表示します。すでにいくつかの結果が表示されていて、下にスクロールすると、エディタはより多くのエントリを取得します。そして、検索ボタンのキャプションは状況に応じて変化します。

アプリのトラフィックが多い場合は、ログがたくさん表示されます。

いくつかの検索条件を使って絞り込みを行うと便利です

ログを検索するときに使用できる最も一般的な基準は、興味のあるイベントのタイプを選ぶことです。

Workflow starts:条件が満たされてワークフローが実行されたかどうか、サーバー上で実行されている開始されたワークフローをすべて表示します。

Passed events:条件が「yes」と評価された後に実行されたすべてのワークフローを表示します。

Non-passed events: 条件が 「no」 と評価された後に実行されなかったすべてのワークフローを表示します。これは、何も起こらなかったことをデバッグしようとするときに便利です。

Actions: アクションのみを表示し、このアクションの実行につながったイベントは表示しません。

Errors:ワークフローの実行時に発生したサーバー側のエラーを表示します。例えば、クレジットカードの失敗やメール送信の失敗などです。これは特に問題の診断に役立ちます。

ログを検索する際に、問題のあるワークフローに関する情報があれば、特定のユーザーや用語で検索することで、さらに絞り込みが可能です。最初の入力では、ユーザーのメールやユーザー固有のIDを入力することができます。これを入力すると、このユーザーが開始したワークフローのみが検索されます。

最後のボックスには、検索する文字列を入力できます。アクションに何らかのテキストに評価されるプロパティがあり、このテキストを検索すると、ワークフローが検索されます。例えば、テキスト「Boston」を含むメールが送信されたことがわかっている場合、「Boston」を検索すると、メール送信アクションが返ってきます。

結果を見る

結果が取得されると、最近のイベントから順に結果エリアに表示されます。各エントリには、アクション/イベントの名前、EメールとユーザーのID(ユーザーがサインアップされていない場合、Eメールは’Anonymous user’となります)が表示され、右側にはこのアクション、イベントのプロパティの評価、またはエラーの場合はエラーメッセージが表示されます。アクション名(またはイベント)をクリックすると、このアクションが定義されているエディタの場所に移動します。

このワークフローのズームボタンは、現在のワークフローのイベント、アクション、 エラーのみを表示するのに便利な方法です。連続したアクションを見ることで、何が起こったのかを理解し、パターンを特定するのに役立ちます。

まとめ

今回の記事では、Bubbleにおけるサーバーログの一通りのやり方についてみていきました。サーバーログを確認することで、ワークフローのエラーの原因を特定できるのが強みになっています。このサーバーログとデバッガを活用して、Bubble内で発生したエラーを容易に対処していきましょう。

ここまでご覧頂き、ありがとうございました!!

臼井 崇

臼井 崇

テコンドー学生チャンピオン|2010年(H22年)に野村證券入社 ⇒ 5年半ザ・野菜を経験 |2015年10月からみずほFGにて金融商品のリスク管理業務に従事|2020年7月からファウンダーズに|金融からIT 、大手からベンチャーとそれぞれの観点からお役に立ちそうな情報を発信します!
日本に限らず海外のSaaSの紹介や、SaaS特集記事を取り上げていきます!
ご相談・お問い合わせは下記ボタンよりお願いします。







関連記事

  1. Adalo Resource・APIによる外部コレクション、外部コレクションにおけるマジックテキスト…

  2. 記事作成

    Bubble・SEO(検索エンジン最適化)

  3. Adalo Resource・地図と各種グラフ(スクリーンとコンポーネントセクション)について

  4. 特集記事

    強力MAツール×ノーコード!Moosendをご紹介!

  5. 記事作成

    【マーケティング会社必見】LP制作ツール「Unbounce」を徹底解説!

  6. SaaSロゴ

    Panther(Jungleworks)

  7. 記事作成

    Bubbleのアカウント管理・プラン・請求について解説!!

  8. Adalo Resource・Adaloで何ができる?

  9. topimage

    bubbleとAdalo徹底比較!Webサービスやネイティブアプリを簡単に作れるおすすめノーコードツ…

人気記事

  1. topimage
  2. 記事画像
  3. 特集記事
  4. top_image

おすすめ記事一覧

  1. 記事画像
  2. タスク
  3. 勤怠管理
  4. 記事画像
  5. Bubble
PAGE TOP