おすすめ記事

おすすめ記事一覧

BPOサービスのDX化|ビジネス環境の変化へ貢献|【ビーウィズ株式会社 】

最終更新日:2021.03.30

「我々はシステムのちょっと手の届かない所ところに対するRPA開発を通じて、業務効率化を進めている」
「今コロナの経験を通してそのビジネス環境が大きく変化しようとしている。この新しい変化への対応を新しい技術でできないか」

と仰っていたのはインタビューにお答えしていただいた、ビーウィズ株式会社 デジタルAI機能開発部 部長 土井 健様です。

ビーウィズ株式会社はBPOサービスを通じてクライアント企業様の業務効率化を進めています。
今回はどういったツールを用いてお客様の要望に応えているのかをインタビューを通じて読者の皆様へお伝えします。

会社情報

ビーウィズ株式会社(ホームページ:https://www.bewith.net/

お客様を想い20年。
カスタマーサービスおよびBPOサービスの専門家集団として、
洞察力を働かせ、より良いサービスを提供するべく事業展開を図っています

出典:ビーウィズ株式会社 公式サイト ビーウィズの想いより

備考:BPO(business process outsourcing)
BPOとは、企業の業務プロセスを外部の企業に委託する経営戦略のことです。
元々は経理や人事等の間接業務が中心的にBPOの対象となっておりましたが、最近ではマーケティングや人材育成等にも拡大してきています。

土井_1

インタビュー者情報

ビーウィズ株式会社 デジタル・AI機能開発部 部長 土井 健様

導入事例

UiPath

UiPath

導入背景


我々はBPOサービス事業者として、クライアント企業様の効率化に寄与していくテクノロジーとしてRPAに着目していました。
その中で具体的なツール選定段階で、UiPathさんが最も様々な環境への汎用性、また自社開発のしやすさなどの点に加えて、無償でのEラーニングのコンテンツも提供されており、学習をする環境も整っていた点からUiPathをまず選定し、以降ずっと使い続けています。

備考:UiPathアカデミーを通じて使い方を無料で学ぶことができます。

使用方法

弊社では人事、総務、経理といったバックオフィス部門で活用して自社の効率化はもちろんですが、クライアント企業様の業務プロセスをBPO事業として受託していますので、受託業務に対してもロボットを活用して業務の効率化を図っているところが特徴と言えます。

課題達成

RPA(UiPath)を使う前は、定型業務と言われる比較的単純で、ボリュームの大きい業務や、定型反復作業であっても人手に頼らざる得ない状況がありました。
結果、一部社員の過重労働によりコア業務に割ける時間が不足することが課題となることもありましたが、そういった部分はロボットが得意なのでRPAを活用により大きく解消しています。

良かった点
無償でEラーニングのコンテンツが提供されていたので、学習がしやすかった。
単純作業に関しては業務の効率化が進んだ。
お客様へ提供できるサービスとなった。

悪かった点
特になし

Slack

slack

導入背景

今はUiPathの開発自体は自社で行っていますが、以前は外部の協力会社の支援も仰ぎながら開発していました。自社の社員間であればコミュニケーション環境は整備されていますが、外部とのコミュニケーションが課題でした。

そこで、自社の社員と外部協力会社とのコミュニケーションを取るためのツールとしてSlackを導入しました。

使用方法

他社(協力会社様)とコミュニケーションを取るためのツールとして使用しています。

課題達成

遠隔地の、協力会社様とのコミュニケーションも円滑に行われるようになりました。

良かった点
協力会社とスムーズにコミュニケーションが取れるようになった点。

悪かった点
特になし

Trello

trello logo

導入背景

複数の環境のエンジニアのタスクを可視化することが課題となり、看板を一目見てステータスを確認できるTrelloを導入しました。

使用方法

Trello上のステータスの変化はSlackとTrelloを連携させ、SlackのメッセージとしてTrelloを見に行くのではなく、Slackにプッシュ通知してもらうような形で運用しています。

課題達成

SlackとTrelloはアプリケーションの設定のようなイメージで連携させることができるため、タスク管理の負荷を抑えながら、各エンジニアのタスクを可視化することができました。

良かった点
複数のエンジニアのタスクの可視化が実現した。
Trelloの状況をSlackを通じて把握することでタスク管理の負荷軽減につながった。

悪かった点
特になし

Omnia LINK

logo

開発背景

元々弊社ビーウィズはコールセンター事業を20年前からやっております。
コールセンター業界ではテレフォニーシステムが必要となりますが、運用とか保守の世界でいうとかなり高額なシステムです。
そこでコールセンターの運営のノウハウとIP-PBXの技術を掛け合わせてサービスを作れないかと考え、弊社の子会社アイブリットにてOmnia LINKの開発をし、現在はサービスの提供もしています。

使用方法

コールセンター事業等で利用されます。詳しくは下記のホームページをご覧ください。

リンク先 https://omnialink.jp/

課題達成

Omnia LINKはクラウド上にて提供されるため、
複数の拠点運営や移転、拡張にもフレキシブルに対応できます。
そして初期費用もテレフォニーシステムと比べると安価です。

良い
テレフォニーシステムと比べると安価に導入可能です。
複数の拠点運営や移転、拡張にもフレキシブルに対応できます。

悪かった点
特になし

気になった点についてご質問させて頂きました!

今後行っていきたい事業はございますか?

我々は元々BPOサービスの提供を通して、企業の課題解決、業務プロセスの改善、改革にお付き合いしてきました。今コロナの経験を通してビジネスの環境が大きく変化しています。
我々は新しい技術を利用してこういった変化への対応のお手伝いをしていきたいと考えています。新しい技術の動向に着目しながら何を選定してどういうサービスを打ち出していくのかっていうとか常に考えてるところです。

最後にDX化に取り組もうと考えている方にアドバイスを一言お願いします!

今回お話したものはあくまでもコミュニケーションツールだったりタスク管理だったり、業務の自動化みたいなもののツールについてですが、多くの企業は基幹システムをオンプレでもっている状況です。
この辺りには環境変化への対応が難しく、どうしても人力でそのビジネスの変化に対応してるところが大きくあります。
我々はそのシステムのちょっと手の届かない所に対するRPA開発を通して、業務効率化のお手伝いができたらなと思います。

備考:オンプレとは
on-premises(構内で)という意味で、情報システムを自社設備内だけで管理から運用まで行うことを意味する。

この記事に登場したSaaS

UiPath

RPAとは、ロボットがコンピューター内で人間の行動をシミュレートしてビジネスプロセスを実行することを可能にする技術です。RPAロボットは、ユーザーインターフェイスを利用して、人間と同様にデータを取得し、アプリケーションを操作します。ロボットはオペレーション内容を解釈し、反応を誘発し、他のシステムと通信して、大量の反復作業を実行します。RPAソフトウェアロボットは眠ることも休むこともなく、間違いもなく正確迅速に処理し、結果的に従業員不足を補い、生産性を向上させます。

出典:UiPath公式ホームページ RPAとは

この記事に登場したSaaS

Slack

Trello は、情報やタスクをボードで整理するアプリです。プロジェクトの管理や、進捗状況の把握がしやすくなります。Slack 用 Trello アプリを使えば、ボード上のカードの管理、期限の変更やカードへの会話の添付をSlack から直接、簡単に行うことができます。

出典:Slack Help Center  Slack で Trello を利用する

この記事に登場したSaaS

Trello

Trelloカードは、タスクのあらゆる作業を管理、追跡してチームメイトと共有できる、業務管理ポータルです。カードを開けば、チェックリスト、期限、添付ファイル、会話などをすばやく確認できます。

出典:Trelloの公式ホームページ

この記事に登場したSaaS

Omnia LINK

Omnia LINK(オムニアリンク)は、Google Cloud Platform™を基盤としたコールセンター向けトータルテレフォニーソリューションです。基本となる電話の受発信・全通話録音・IVR・高度なコールフロー対応などはもちろん、AIを利用した通話音声のリアルタイムテキスト化や、FAQリコメンデーションなどの最新機能を提供します。

興味がある方は以下のお問い合わせフォームよりどうぞ。

お問い合わせ

[blogcard url=”https://omnialink.jp/”]







関連記事

  1. 【起業インタビュー】オンラインエンタメ領域で奮闘する企業の SaaS活用術

  2. 導入SaaS3選 インタビュー先:株式会社Hub Works

  3. アイキャッチ画像

    不動産業界のDX化!スムーズな導入の秘訣とは? インタビュー先:株式会社フラット・エージェンシー

  4. 記事画像

    【導入事例】顧客データおよそ8万社を管理するためのSaaS選びとは? インタビュー先:株式会社ジェイ…

  5. 企業のSaaS導入例4選!

  6. dimitri-houtteman-PfNzKoA5R4E-unsplash-scaled.jpg

    市役所のDX化|膨大な雑務や圧倒的な問い合わせを削減!|【神戸市役所】

  7. DX1

    RPAによるDX化|電気の地産地消|【株式会社フューチャー・リレーション】

  8. SES業界で積極的にDX化!具体的な取り組みとは? インタビュー先:株式会社レインオンファニー

  9. thomas-jensen-UrtxBX5i5SE-unsplash

    インフラ事業のDX化|ビジネスモデルの変革|【ベイシス株式会社】

人気記事

  1. topimage
  2. 記事画像
  3. top_image
  4. 特集記事

おすすめ記事一覧

  1. タスク
  2. 記事画像
  3. 記事画像
  4. 飲食店 会計
  5. 勤怠管理
PAGE TOP