おすすめ記事

おすすめ記事一覧

企業のSaaS導入例4選!

最終更新日:2021.03.30

今回は、とある会社様にインタビューをさせていただきました。インタビューでは、SaaSを導入した経緯や実際の仕事でどのように使用しているか伺いました。また、SaaSの利点や、SaaSを導入したことで仕事がどのように変化したかについても聞いてきました。

Zoho

導入背景

これまで、営業管理ツールは弊社で作成したツールを用いていました。しかし、弊社で作成したツールでは、機能の面で物足りなかったことと、見込み客の管理やお客様へのメールマーケティングを十分に実施できなかったことから、クラウドサービスを新たに導入することとしました。

検討の結果、セールスフォースかZohoのどちらかを採用することになりました。最終的に、セールスフォースよりもコストが低く、かつ弊社が求める要件を満たせると判断してZohoを採用しました。

使用方法

主に、弊社のコンサルティング事業に使用しています。

良かった点

低コストで利用できるところです。

悪かった点

メールマーケティングなどの機能に物足りなさを感じます。

マネーフォワード

マネーフォワード_logo

導入背景

元々、会計サービスを導入しなければならないと考えていました。会計業務は基本的にペーパーレスで実施したいと考えており、代表的な会計サービスであるマネフォワードとフリーのどちらかを導入することになりました。

最終的にマネーフォワードを選択した理由は二つあります。一つ目は、お世話になっている税理士さんに相談したところ、マネーフォワードを勧められたことです。その税理士さんもマネーフォワードの方が使い慣れていました。もう一つ目は、マネーフォワードであれば給料や経費などをまとめて管理できたことです。

使用方法

給料や経費などの管理に使用しています。

 

良かった点

給料や経費などを一括管理できるところです。

SmartHR

導入背景

労務担当者から、入社退社の手続きを効率化するために導入したいという要望があったので承認しました。

使用方法

入退社の手続きに使用しています。

 

Wrike

導入背景

弊社側では様々なツールでタスク管理をしていました。しかし、それでは一元的にタスクの進捗状況を確認できない、別プロジェクトのタスク量がわからないなど、様々な問題がありました。

 

そこで、タスク管理ツールを一元化することとなりました。ツールを選定した結果、タスクの着手状況や期限などをしっかりと管理できるツールと判断し、Wrikeを採用することとしました。約2年ほどWrikeを使用しています。

使用方法

社内のタスク管理、スケジュール管理に使用しています。

 

良かった点

着手、未着手や期限などが管理できるところです。

気になった点についてご質問させて頂きました!

現在人間で行っている作業はありますか?

入金管理を手作業で行っていますが、請求書を適切に処理できず、入金漏れが発生することもあります。

また、社員のセキュリティ教育は自社のサービスで行っています。ただ、社員一人一人にどの教材を受講させた方が良いのかについては、担当者が判断しています。これも、ツールにより自動で判断できるようにしたいと思っています。

SaaSを使って今後行っていきたい事業などはありますか?

現在社内で使ってるクラウドサービスは今後も使い続けると思います。弊社はサービスの乗り換えも頻繁に行っているので、より優れているものがあればサービスを乗り換えていきます。その際には、クラウドサービスを使用して様々な事業を展開するよりも、作業を徹底的に効率化させたいと考えています。

今、世間ではリモートワークの導入が急速が進んでいますが、私たちは元々クラウドサービスを使用していたのでリモートワークへの移行も簡単にできました。今後も、どこでも働けて、かつセキュリティも保てるクラウド環境を求め続けて、弊社の労働環境も改善していきたいと思っています。

この記事に登場したSaaS

Zoho

一連のビジネスアプリケーションオンライン上で提供しています。すべて無料で使用することができ、オンライン上だけでなく外部にファイルをエクスポートしたりその逆に外部のファイルをインポートすることができます。

マネーフォワード

法人、個人向けの金融系のウェブ上サービスを提供しています。法人・個人事業主向けサービスは、事業者向けSaaS型サービスプラットフォームを提供しています。マネーフォワード_logo

SmartHR

人事、労務の業務効率化を提供するクラウド人事労務ソフトです。

自動で社会保険・雇用保険等の書類を作成できます。

Wrike

Wrikeはプロジェクト管理およびコラボレーション用オンラインツールである。特徴としては、プロジェクトプランの調整、タスクの優先順位付け、スケジュールの進捗管理やチームメンバーとの同期がオンライン上で実現できることが特徴です

臼井 崇

臼井 崇

テコンドー学生チャンピオン|2010年(H22年)に野村證券入社 ⇒ 5年半ザ・野菜を経験 |2015年10月からみずほFGにて金融商品のリスク管理業務に従事|2020年7月からファウンダーズに|金融からIT 、大手からベンチャーとそれぞれの観点からお役に立ちそうな情報を発信します!
日本に限らず海外のSaaSの紹介や、SaaS特集記事を取り上げていきます!
ご相談・お問い合わせは下記ボタンよりお願いします。







関連記事

  1. SaaS記事

    Safer Codes

  2. SaaS

    ITベンチャーのDX化を調査!株式会社CryptoPieのDX事例

  3. SaaSロゴ

    Airtable

  4. unbounce

    unbounce

  5. 記事画像

    jinjer

  6. amazon

    Amazon Web Service

  7. SaaSロゴ

    Yoti

  8. ITベンチャーのDX化を調査!株式会社CryptoPieのDX事例

  9. SaaS画像

    Contus Groupon Clone

人気記事

  1. topimage
  2. 記事画像
  3. 特集記事
  4. top_image

おすすめ記事一覧

  1. Bubble
  2. 飲食店 会計
  3. 記事画像
  4. Productivity
  5. 記事画像
PAGE TOP