おすすめ記事

おすすめ記事一覧

Bubbleの専用クラスタについて解説!!

記事作成

皆さん、ごきげんよう!!

今回の記事では、Bubbleの専用プランにおける専用クラスタの詳細について解説していきます。この記事を読み事で、更にBubbleの中側の仕組みが理解できると思うので、是非参考にしてみてください。

専用クラスタのメリット

概要

Bubbleは専用ホスティングプランを提供しており、他のBubbleのお客様から隔離されたインフラ上でアプリをホスティングします。共有プランと同様に、当社がアプリケーションを実行します。しかし、共有プランとは異なり、他のお客様と共有されていない専用サーバー上でアプリを実行するため、信頼性が向上し、必要に応じて拡張することができます。

一般的な専用インストールは、データベース、キャッシュ サーバー、および 1 つ以上のアプリケーション サーバーで構成されます。専用プランでは、お客様が実行するワークフローの数を監視することはありません。お客様のインフラストラクチャのパフォーマンスを監視し、ハードウェアの容量を超えるユーザーがいるためにアプリの動作が遅くなっているようであれば、アップグレードを提案します。

メリット

専用ハードウェアには次のようなメリットがあります。

スケーラビリティ。需要の増加に対応するために、専用クラスタに迅速に容量を追加することができます。最終的には、このセルフサービスを実現し、お客様自身のインフラストラクチャをスケールアップしたり、スケールダウンしたりできるようにしたいと考えています。

より一貫したアプリケーション・パフォーマンス。他のBubbleのお客様とハードウェアを共有していないため、アプリケーションのパフォーマンスに影響を与えるのは、お客様のユーザーのアクティブだけです。

・信頼性の向上。独自のインフラストラクチャを持つことで、バブル全体の問題の大部分から隔離されます。

データの分離。アプリケーションのデータは他の顧客のデータから分離され、より強力なセキュリティプロファイルにつながります。

コントロール性。新しいBubbleコードがいつクラスタに展開されるかは、皆さん自身が決定します。

規制コンプライアンス。米国外でアプリをホストする必要がある場合は、専用プランで可能です。

セキュリティについて

お客様のデータを安全に保つためにBubble側でも最大限の努力をしていますので、いくつかのポイントをご紹介します。

・当社の専用インフラストラクチャは、非常に高いセキュリティ基準を備えた世界的なホスティングプラットフォームであるAmazon Web Services(AWS)の上でホストされています。

・専用プランのユーザーデータは、専用のAWS RDSインスタンスに格納される。データは安静時には暗号化され、データベースにアクセスするための資格情報は自動化されたシステムによって管理され、すべてのアクセスがログに記録されます。

・専用プランには無料のSSL証明書が付属しており、アプリサーバーとの通信が安全に行われるようになっています。証明書をインストールすると、アプリとのすべての通信がHTTPSで行われるように強制されます。

・Bubbleのプライバシールールは、アプリケーションレベルのセキュリティを実装する強力な方法です。これにより、アプリ上の各ユーザーがどのアイテムとどのフィールドを見たり編集したりできるかを細かく制御することができます。

アップタイムと信頼性

バックアップとデータの完全性

アプリケーションの変更やユーザー・データのポイント・イン・タイム・リカバリー(PITR)を提供しています。よって、どのくらいの期間データを保持するかはお客様次第なのです。必要に応じてデータストレージをスケールアップして、必要なだけデータを保持することができます。さらに、AmazonのRDS自動バックアップを使用して、データベースサーバーの全損失から回復できるようにしています。

アップタイム

Bubbleは新しく、急速に発展しているテクノロジーです。そのため、短期間の停止がビジネスに悲惨な影響を与えるようなユースケースには、まだお勧めできません。とはいえ、当社はお客様のアプリケーションをオンラインに保つために常に努力しています。専用インフラストラクチャを24時間365日監視し、可能な限り迅速に対応しています。テクノロジーの成熟に合わせて、稼働時間のSLAを提供する予定です。

専用プランには、共有ホスティングと比較して2つのアップタイムの利点があります。1つ目は、お客様のアプリが他のお客様から隔離されているため、他のお客様のアプリの問題がお客様のアプリに影響を及ぼすことはありません。2つ目は、新しいコードを専用クラスタにデプロイする前に共有ホスティング環境にデプロイするため、機能を追加したり、バブルプラットフォームを拡張したりする際に、新しいバグの影響を受けにくくなります。

最後に、アップタイムを特に重視するお客様には、高可用性の専用構成を提供しています。これは、プライマリサーバに何か問題が発生した場合に交換できる予備サーバを常時稼働させていることを意味します。これは有料なオプションであり、高可用性専用と通常の専用の信頼性の違いは、通常の専用ホスティングと共有ホスティングの信頼性の違いよりも小さいため、すべてのお客様にこれをお勧めするものではありません。最も影響が大きいという点では、データベースサーバを高可用性にすることが最も重要であり、次いでキャッシュクラスタ、次いでアプリケーションサーバの順になります。

専用クラスタの使用

概要

Bubble専用クラスタが実行されたら、次のようになります。Bubbleの動作は、いくつかの例外を除いてほぼ同じになります。

アカウントの管理、アプリの作成、クレジットカードの更新、Eメールの更新などは、アップグレード前と同様に bubble.io で行う必要があります。ただし、アプリはサブドメイン(dXX.bubble.is)でホストされます。最初にこのURLにアクセスすると、Bubbleの資格情報でログインするように促されます。アプリを編集すると(bubble.io/homeから)、正しいサブドメインに直接移動します。新しいアプリは自動的に専用クラスタに追加されます。

サーバーのアップグレード

エディターの上部にある専用パネルでインストールのバージョンをコントロールすることができます。これをクリックすると最新版かアップグレード可能かが表示されます。アップグレード可能な場合、インストールしたものと比較して何が新しいのか、アップグレードするボタンが表示されます。このボタンを押して作業を続けることができます。

モニタリングダッシュボード

専用プランを利用すると、エディタのログタブでサーバーの状態を監視することができます。これにより、CPU使用率とメモリ使用率が表示されます。

まとめ

今回は、Bubbleの専用プランにおいて、専用クラスタのメリットと使用について解説していきました。Bubbleの専用クラスタの仕組みは、常に我々ユーザーの視点に立ってそもそもが構築されていることが読み取れると思います。Bubble側の仕組みを最大限に生かして、Bubbleアプリの構築・運用を行っていきましょう。

ここまでご覧頂き、ありがとうございました!!

臼井 崇

臼井 崇

テコンドー学生チャンピオン|2010年(H22年)に野村證券入社 ⇒ 5年半ザ・野菜を経験 |2015年10月からみずほFGにて金融商品のリスク管理業務に従事|2020年7月からファウンダーズに|金融からIT 、大手からベンチャーとそれぞれの観点からお役に立ちそうな情報を発信します!
日本に限らず海外のSaaSの紹介や、SaaS特集記事を取り上げていきます!
ご相談・お問い合わせは下記ボタンよりお願いします。







関連記事

  1. 記事作成

    Bubbleの使い方を学ぶ、アプリケーションとデータの所有権

  2. 記事画像

    発注者も必見!ノーコードツールで開発を行うメリット13個

  3. 記事作成

    Bubbleのログについて解説!!

  4. 記事作成

    Bubble・言語とアプリ内コミュニケーション、SNSについて

  5. 記事作成

    Bubble・アプリをテストする上でデバッグを使う

  6. 特集記事

    あまり知られていない!強力NoCodeツール18選!

  7. 記事作成

    Bubbleのバージョン管理とデータベースのコピー・バックアップを解説してみた!!

  8. 会社ロゴ

    .bubble

  9. 記事作成

    Bubble・データベースクエリに関する説明、タイプとタイプを結びつける

人気記事

  1. topimage
  2. 記事画像
  3. top_image
  4. 特集記事

おすすめ記事一覧

  1. 記事画像
  2. 記事画像
  3. 記事画像
  4. 記事画像
  5. 記事画像
PAGE TOP