おすすめ記事

おすすめ記事一覧

Adalo Resource・とりあえず始めてみる

Adalo - Build Your Own No Code App

みなさんこんにちは。いかがお過ごしでしょうか。ノーコードツールbubbleの翻訳記事を執筆しておりました、Katsuです。この記事ではノーコードツールAdaloのAdalo Resourceを元に、最初のセクションである「とりあえず始めてみる」を解説します。Bubbleのときからお読みになっている方もはじめましての方もどうぞよろしくお願いいたします。それでは早速記事へLet’s Go!

とりあえずはじめてみる

ノーコードツールAdaloへようこそ。Adaloは誰でも簡単にネイティブアプリを作ることができる画期的なソフトです。まずはじめに以下のリンクをチェックして、Adaloのナビゲーションを開始するために必要なものを見つけてください。

3つの基本的なコンセプト

まずはじめに下記の短い動画をチェックしてみてください。残念ながら日本語ではありませんが、画面に注目すればやっていることの大枠はつかめるはずです。

 

・Components (コンポーネント):Adaloインターフェイスの構成要素です。

・Actions (アクション):特定のコンポーネントをクリックしたときにアプリが何をするかを指定するために使用します。

・Database(データベース): エクセルの表計算のように、データを入力してアプリユーザーに表示させたり、アプリに入力したデータを収集したりすることができます。

アプリの構築を始めるには、構築したい画面、それらの画面で何をするべきか、表示と保存に必要なデータは何かを考えることが求められます。

Adaloをナビゲートする

Canvas(キャンバス)

・キャンバスは、アプリの画面をデザインするワークスペースです。

・スクロールバーやトラックパッドを使ってキャンバス内を移動し、左右にスクロールしたり、ズームインやズームアウトしたりすることができます。

Left Toolbar(レフトツールバー)

Add Panel (アッドパネル)

・プラスボタンをクリックすると、追加パネルが開き、アプリに追加するコンポーネントや画面を選択できます。

Branding (ブランディング)

・アプリの配色をカスタマイズします。

・これはいつでも変更でき、アプリの事前設定色を使用しているコンポーネントは自動的に更新されます。

Screen (スクリーン)

・アプリ内のすべての画面と各画面内の各コンポーネントのリストです。

Data (データ)

・こちらはデータベースを紹介する別の記事で解説予定です。

Settings (設定)

・アプリ名を変更することができます。

・アプリのアイコンを設定することもできます。

・Google Analyticsのコードを挿入して、人々がどのようにあなたのアプリを使用しているかを追跡できるようにします。

Publish(出版)

 有料プランに加入したら、 このパネルを使ってApple App StoreやGoogle Play Storeに提出できるアプリファイルをダウンロードします。

・Webアプリの場合は、ここでアプリのURLを設定します。

Tool Bar(ツールバー)

App Switcher (アップスイッチャー)

・トップバーの真ん中には、現在作成中のアプリの名前が表示されています。

・名前をクリックしてアプリスイッチャーを開き、アカウント内の別のアプリに切り替えます。

・アプリのリストの一番下には、新しいアプリを作成するためのボタンがあります。

Preview (プレビュー)

・このボタンを使用して Web ブラウザでアプリを実行すると、ビルドしているものをテストすることができます。

Share (シェア)

・共有(シェア)ボタンを押すと、 Adaloのアカウントを持っていない人にアプリへのリンクを送る ことができます。 これは、アプリを作っている間に他の人からフィードバックをもらうのに便利です。

Account Menu (アカウントメニュー)

・アカウントアイコンをクリックすると、ヘルプ、アカウント設定、サインアウトにアクセスできるメニューが開きます。

・アカウント設定からは、以下の編集が可能です。

プロフィールタブから名前、メールアドレス、パスワード。

チームアンドビリングからチーム名、チームメンバー、請求プラン、支払い方法。

ドメインからAdaloサブドメイン、カスタムドメイン。

Adaloサブドメインの場合、すべてのアプリは、ウェブ上で表示するための独自のURLを取得し、URLは以下の形式になります: subdomain.adalo.com/app-name また、ここではURL の “サブドメイン” の部分をカスタマイズすることができます。

カスタムドメインの場合、アプリのURLを独自ドメインに設定して、アプリのURLがapp.mycompany.comのようになるようにすることもできます。そしてあなたとAdaloのアカウントに独自のドメインをここに接続します。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回の記事ではノーコードツールAdaloのAdalo Resourceを元に最初のセクションである「とりあえずはじめてみる」セクションを解説しました。何事もはじめと基本が肝心だと言われますが、どうやらAdaloにも同じことが言えそうですね。なんども記事を読んで復習していただければ幸いです。それではまた別の記事でお会いしましょう。See You Soon!

 

 

 

 

 

 

 

Katsu

Katsu

高校まで日本で育ち、大学からアメリカ・ニューヨークへ。マスメディア、ジャーナリズム、インターネットメディア戦略を専門に修学。コロナ禍でオンライン主体になりつつある世の中で、記事が何かの手助けになれば幸いです。







関連記事

  1. 記事作成

    Bubbleの重要なコンセプト

  2. 記事作成

    Bubbleのレスポンシブ構築の基礎を伝授!!

  3. Adalo Resource・Appleを使ってサインイン(スクリーンとコンポーネントセクション)に…

  4. Adalo Resource・ アクションベーシックとリンク(アクションセクション)について

  5. 記事作成

    Bubble・APIの使用例

  6. 保護中: 自社開発のSaaSで新しいサービスを提供 株式会社ONE COMPATH

  7. Adalo Resource・Adaloで何ができる?

  8. 記事作成

    BubbleのSlugと再利用可能な要素について解明してみた!!

  9. Adalo Resource・マーケットプレイスペイメント前編(Stripe)(スクリーンとコンポー…

人気記事

  1. topimage
  2. 記事画像
  3. top_image
  4. 特集記事

おすすめ記事一覧

  1. 記事画像
  2. 飲食店 会計
  3. top_image
  4. 記事画像
  5. Productivity
PAGE TOP