おすすめ記事

おすすめ記事一覧

取引先とのコミュニケーションツールやSaaSは何を使えば良い?インタビュー先:ディーシーティーデザイン

最終更新日:2021.03.18

主にWeb制作をされているディーシーティーデザインの経営者、蝦名様に会社で使用されているSaaSについてインタビューしました!どのような背景があって現在のSaaSを使用するようになったのかや、今後の会社としてのあり方についてなどお伺いしました。

会社情報

ディーシーティーデザイン(ホームページ:https://www.dct-design.jp/)

ディーシーティーデザインは2004年の7月に事業を開始して、現在17年目の会社です。「コンテンツ」重視な企画からデザイン、制作、管理運営・管理運営アドバイスまでを行います。
使いやすい、わかりやすい、親しみやすいものづくりをモットーとしています。

インタビュー者情報

蝦名晶子(えびなあきこ)

ディーシーティーデザイン 代表
NPO法人あおもりIT活用サポートセンター 副理事長

生まれも育ちも青森県青森市。
ショッピングセンターでマーケティング・共同販促・広告・イベント企画・ディスプレイ等の販売促進に携わる。当時おつきあいのあったデザイナーやクリエイターに影響をうけ「何かをつくりあげる」ことに魅力を感じるようになり、2000年、「デザインを発注する側」から「デザインする側」へ転職。2004年に起業し、現在は『ユーザー目線での制作』『スピーディーに良いモノを』をモットーとし、Webサイトや紙媒体の企画から制作・活用提案など、運用全般を手がけている。
2012年、青森県内の有志一同とNPO法人あおもりIT活用サポートセンターを設立。IT教育部会を担当し、ITに関わる人材育成に力を注いでいる。
何事も「つなげる」ことが好き。人と人、モノやコトはひとり(ひとつ)よりもつながることでより良いものになると信じている。何事も「プロセス」にこだわり、常にいろいろなゴールを目指し模索している。
自他共に認める「愛犬家」で、縁あって里親になったフレンチ・ブルドッグの「タロウ」を溺愛中。

導入事例

お客様にとって使いやすいUI(ラインワークス)

【導入背景】
お客様が使いやすいものとして考えた時に、やはりラインにUIがそっくりなビジネス用のツールであるラインワークスがベストだという結果に至りました。以前まではお客様とのやりとりや、社内のやりとりにはサイボウズLiveを使っていました。そのサイボウズLiveがサービス終了するタイミングで、ラインワークスの方とお会いする機会がありました。その方にいろいろと機能を説明いただき、試用版を使わせていただいた結果、メリットを感じて導入に至りました。
ラインワークス以外にもツールはいろいろとありましたが、お客様にとっての使いやすさという点を重視して選んだところ、特にラインワークスが優れていました。

【使用方法】
プロジェクト系のコミュニケーションや特定の技術者の方とのやりとりを除いて、お客様と社内のやりとりは全てがラインワークスとなっています。 また、2月のメジャーアップデートでタスク機能が追加になり、とても便利で毎日使用しています。

【課題達成】
馴染みのあるラインのUIによって、お客様にとって使いやすい連絡手段を得ることができました。また、新たに追加されたタスク機能が業務の効率化に貢献しています。

自分で会計処理ができる(Freee

導入背景
以前は会計を税理士事務所に依頼していましたが、そちらの担当者の方が辞めてしまったのをきっかけに見直すことにしました。簿記の資格を持っていたので「freeeの補助があれば会計処理を自分でできるのではないか」と考え、導入に踏み切りました。

課題達成
簿記3級の知識があれば、問題なく使用することができます。

tim-gouw-bwki71ap-y8-unsplash

社内エキスパートの存在(concrete5

導入背景
社内のスタッフにconcrete5のエキスパートがいるため導入しました。また、セキュリティ面を考慮したうえでも大きな理由の1つでした。

お客様のサイト分析(Googleアナリティクス)

googleanalytics

使用方法
お客様のサイトにアナリティクスを設置し、アクセス数をチェックしています。先方に結果報告をするときは、PDFで提出したり、レポート出力の機能を利用しています。

相手先に合わせてストレージファイルを導入(ドロップボックス)

導入背景
相手先でも利用頻度が高いことから、導入しました。

 

気になった点についてご質問させて頂きました!

依然として残っている業務上の課題点はございますか?

現状そこまで困っている業務はない状況です。DTP(DeskTop Publishingの略称)のデータ等は容量が重くなりがちですが、当方では専用のサーバーを利用し、そこからお客様にダウンロードしていただいているので、ファイル共有周りも問題なしです。

追加質問:広告代理店の企業様に多い課題として、よく耳にするのがレポート出力の大変さについてなのですが、例えばInstagramTwitterのそれぞれのアクセス数などを同じスプレッドシートに反映する際に、二重で手間がかかる場合があります。この部分を一本化したいと考える企業様もいらっしゃるのですが、どう思われますか?

一本化できるのであれば、弊社も取り入れたいですね。

(よろしければ弊社サービスをご検討ください!)

今後の展望について

「モノをつくる」仕事は、「使う人」と「売る人」がいます。「使う人」と「売る人」双方に喜んでもらえるようなモノヅクリをずっとしていきたいと考えています。

自分自身、一般消費者の立場でもありますし、お客さまには儲けて欲しい。

その両方の立場から物を見られるような人でいたいと思っています。

事業展開については、時代の変化についていける立場でありたいと考えています。「これから私達がこれをやりたい」というよりは、お客さんが困っていることを助けていきたいと考えています。

SaaS導入におけるUIの重要性

今回蝦名様にインタビューしまして、お客様とのやりとりが発生するSaaSのコミュニケーションツールの導入において重要なことは、相手方も導入するSaaSが使いやすいかどうかであることでした。特に今回はラインワークスというラインのUIがすでに使いやすいという前提があったため、その点が導入の決定打になったようです。

この記事に登場したSaaS

LINE WORKS

ビジネス版LINELINE WORKS(ラインワークス)」ならチャット機能はもちろん、メール、カレンダー、ファイル管理など、グループウェア機能も使えます。PCだけでなくスマホでもフル機能が使えるので、働き方改革に有効です。

https://line.worksmobile.com/jp/

Freee

無料から使える、シェア No.1 のクラウド会計ソフト freee(フリー)。初めての決算書作成や確定申告も、簡単に行えます。中小企業の経理・会計を自動化し、時間を削減。

https://www.freee.co.jp/

concrete5

ウェブサーバー上で、誰でも簡単で、しかも直感的にホームページの運営管理が出来る、手軽で画期的なCMS(コンテンツ・マネージメント・システム)です。

https://concrete5-japan.org/

Googleアナリティクス

Google アナリティクスを使うと、広告の投資収益率を測定して、Flash、動画、ソーシャル ネットワーク サイトやアプリケーションを管理できます。

https://analytics.google.com/analytics/web/?hl=ja

ドロップボックス

Dropbox をご利用いただくと、ファイルがすっきり整理され、作業に集中でき、チームワークも行いやすくなります。 

[blogcard url=”https://www.dropbox.com/ja/”]

臼井 崇

臼井 崇

テコンドー学生チャンピオン|2010年(H22年)に野村證券入社 ⇒ 5年半ザ・野菜を経験 |2015年10月からみずほFGにて金融商品のリスク管理業務に従事|2020年7月からファウンダーズに|金融からIT 、大手からベンチャーとそれぞれの観点からお役に立ちそうな情報を発信します!
日本に限らず海外のSaaSの紹介や、SaaS特集記事を取り上げていきます!
ご相談・お問い合わせは下記ボタンよりお願いします。







関連記事

  1. 記事画像

    IT事業者に届け!おすすめの決済代行サービス!

  2. 記事画像

    不動産業界におすすめの決済サービス5選

  3. SaaSロゴ

    2checkout

  4. 保護中: 自社開発のSaaSで新しいサービスを提供 株式会社ONE COMPATH

  5. メールディーラー

    保護中: 顧客管理も効率化、メール対応時の課題を一掃するSaaS【メールディーラー】

  6. SaaS画像

    PerkHub

  7. top_image

    SaaS導入事例10選!スタートアップの業務効率化特集! インタビュー先:株式会社Hajimari

人気記事

  1. topimage
  2. 記事画像
  3. 特集記事
  4. top_image

おすすめ記事一覧

  1. 飲食店 会計
  2. 記事画像
  3. 記事画像
  4. Bubble
  5. 記事画像
PAGE TOP