おすすめ記事

おすすめ記事一覧

Adalo Resource・フォームとトグル(スクリーンとコンポーネントセクション)について

Adalo - Build Your Own No Code App

みなさんこんにちは。いかがお過ごしでしょうか。いつも冒頭の挨拶ではこんにちはと書いていますが、実際には夜の時間帯に作業されている方が多いのかもしれませんね。こんばんはの方が正しいケースもあるかと思います…。さて、この記事ではノーコードツールAdaloのAdalo Resourceよりスクリーンとコンポーネントセクションにある「フォーム」と「トグル」について解説します。それでは早速いってみましょう。

フォーム

フォームでは、ユーザーからデータベースに情報を収集することができます。

フォーム

フォームは、 ユーザーがアプリのデータベースでレコードを作成したり編集したりできる主な方法 です。 たとえば、ユーザーが新しい旅行を作成する必要がある場合、ユーザーをフォーム付きの画面に送り、名前、説明、日付などの旅行のすべての詳細を記入することができます。

フォームを作成するときに、フォームのコレクションを設定し、フォームが新しい記録を作成するのか、既存の記録を編集するのかを設定します。 フォームの編集を選択した場合、フォーム上のフィールドには現在の値があらかじめ入力されているので、ユーザーは変更する必要がある項目を決定することができます。

フォームフィールド

フォームで収集された情報の各部分はフィールドです。 フィールドは、選択したコレクションのプロパティにデータを保存します。 デフォルトでは、リレーションシッププロパティを除いて、すべてのコレクションプロパティがフォームに追加されます

フィールドをドラッグして、フォーム上の順序を再配置することができます。

ゴミ箱のアイコンをクリックすると、フォームに追加したくないフィールドが削除されます。

「自動的に設定」セクションでは、 ユーザーに手動で記入してほしくないデータを自動的に設定する ことができます。例えば、上記のアプリでは、ユーザーはフォームを使って新しい旅行を計画することができます。この場合、自動的に設定される旅行作成者と旅行のプライバシー以外のすべてのフィールドが表示されます。

サブミットボタン

フォームの送信ボタンの次の部分をカスタマイズしたり、スタイルを編集することができます。 また、ユーザーを元の画面にリンクさせるために送信ボタンにアクションを追加するのは非常に一般的です。

トグル

概要(ざっくりと)

トグルは、ユーザーがアプリ内のデータを素早く更新できるようにするボタンの一種です。 トグルには2つの一般的な用途があります。

1, レコードのTrue/Falseプロパティを更新する

・例えば、Users コレクションに 「Is Admin」プロパティがある場合や、Trips コレクションに 「Is Draft」プロパティがある場合などです。

・トグルをクリックすると、ユーザーが表示しているトリップが下書きかどうかが更新されます。

2, 2つのレコード間の関係を更新する

・例えば、Trip コレクションに複数のユーザーレコードに関連する「Travel Party」というリレーションシッププロパティがある場合などです。

・トグルをクリックすると、ログインしたユーザーがトラベルパーティーのメンバーであるかどうかを更新することができます。

トグルを追加する

1, 左ツールバーの「+」ボタンをクリックして追加パネルを開きます

2, 下にスクロールして、「ボタン」カテゴリを展開します

3, クリックして、画面のいずれかにトグルをドラッグします

4, 左側のパネルでは、トグル設定を設定します。 トグルするものを選択します。画面上の利用可能なレコードのTrue/Falseプロパティ、または利用可能なレコードをつなぐRelationshipプロパティを選択することができます

5, トグルがTrueのときとFalseのときのアイコンと色を選択します。 デフォルトでは、アイコンは選択されたチェックボックスと空のチェックボックスのためのものです

リスト内のトグル

カスタムリストの項目にトグルを追加することもできます。

1, 左のツールバーの「+」ボタンをクリックして、パネルの追加を開きます
2, 下にスクロールして「リスト」カテゴリを展開します
3, 「カスタムリスト」を選択し、画面上にドラッグしてください
4, カスタムリストの左の編集パネルで、このリストがどのコレクションのリストであるかを選択します
5, 下にスクロールして、リストのコンポーネント設定の「コンポーネント」カテゴリを開きます
6, コンポーネントの追加をクリックします。
7, 追加パネルで、下にスクロールして「ボタン」カテゴリを展開します
8, トグルをクリックして、画面上の最初のリスト項目にドラッグします
9, 上記のようにトグルを設定します。 リスト項目のTrue/Falseプロパティをトグルしたり、リスト項目が画面上の他の利用可能なレコードと関係を持っているかどうかをトグルしたりすることができます。 例えば、Trip を表示していて、カスタムリストがユーザーのリストである場合、そのユーザーがTripのTravel Partyのメンバーであるかどうかをトグルすることができます。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回の記事は比較的短めでしたが、なかなか聞きなれないトグルを扱ったため、重めに感じた方もいらっしゃるかもしれません。なんどか読み返しながら理解を深めていただければ幸いです。それではまた別の記事でお会いしましょう。See You Soon!

 

 

Katsu

Katsu

高校まで日本で育ち、大学からアメリカ・ニューヨークへ。マスメディア、ジャーナリズム、インターネットメディア戦略を専門に修学。コロナ禍でオンライン主体になりつつある世の中で、記事が何かの手助けになれば幸いです。







関連記事

  1. 記事画像

    発注者も必見!ノーコードツールで開発を行うメリット13個

  2. 記事作成

    Bubbleのバージョン管理とデータベースのコピー・バックアップを解説してみた!!

  3. Adalo Resource・ACHペイメントと銀行送金(Stripe)(スクリーンとコンポーネント…

  4. top_image

    SaaS導入事例10選!スタートアップの業務効率化特集! インタビュー先:株式会社Hajimari

  5. 記事作成

    【マーケティング会社必見】LP制作ツール「Unbounce」を徹底解説!

  6. 記事画像

    Glide、Adalo、bubbleとは?アプリケーション開発向けノーコードツール3つを比較

  7. Adalo Resource・Adaloで何ができる?

  8. 記事作成

    Bubbleのビジュアルエディタの一般原則について解説!!

  9. 記事作成

    BubbleとGitHubの統合でプラグインのバージョンを保存する方法を解説!

人気記事

  1. topimage
  2. 記事画像
  3. 特集記事
  4. top_image

おすすめ記事一覧

  1. 記事画像
  2. Productivity
  3. タスク
  4. 記事画像
  5. 勤怠管理
PAGE TOP