おすすめ記事

おすすめ記事一覧

Adalo Resource・アプリ内課金のためのデジタル購入(スクリーンとコンポーネントセクション)について

Adalo - Build Your Own No Code App

みなさまこんにちは。いかがお過ごしでしょうか。外の気候が日に日に暖かくなっていますが、花粉症の方には辛い時期かもしれませんね。私自身が重度の花粉症ですので、この時期はどうしても酷です…。さて今日の記事ではノーコードツールAdaloのAdalo Resourceよりスクリーンとコンポーネントセクション内の「アプリ内課金のためのデジタル購入」について日本語で解説します。少し長めの記事になりますので、気合いを入れていきましょう!

アプリ内課金のためのデジタル購入

このヘルプに沿って、Single Use In-App Purchasesコンポーネントを設定してください。これがデジタル購入になります。

Adaloアプリへのデジタル購入コンポーネントの追加

 アプリを収益化する一般的な方法の1つは、デジタル製品をアプリ内で1回だけ購入する ことです。例えば、「Space Fight Titans XL」(架空のゲームです)で、ゲーム内のコインを購入して基地をアップグレードすることを考えてみてください。あるいは、無料アプリから非定額制のプレミアムアプリへのアップグレードもそれに該当しますね。あるいは、ずっと参加したかったオンラインブートキャンプのパスを購入することも一回のみの支払いにあたります。これらはすべて、デジタル製品の一回限りの購入であり、新しいAdalo Digital Purchaseコンポーネントがまさにそのために作られたものです。

このコンポーネントをセットアップする前に理解しておくべきことがいくつかあります。データベースにはいくつか必要なものがあります。

・”製品 “のコレクション: イベント、アクティビティ、コーチングセッションなどです。お支払いいただいている商品に関連するものであればよいのです。また、1つの商品しか販売していない場合は、固有の商品IDが必要となります。追加する商品が大量にある場合は、Adaloからコレクションをエクスポートし、Android用のアップロードガイドラインに合わせて.csvを修正することができます。Appleでは、1つずつ追加する必要があります。

・プロダクトIDは、お客様ご自身で設定していただくものです。GoogleとAppleは、パッケージ名/バンドルIDとアイテムからの1つまたは2つの単語を使用することを推奨しています: 数字または小文字で始まり、数字(0-9)、小文字(a-z)、アンダースコア(_)、ピリオド(.)を含むことができます。 148文字以下 にしてください。

・このコンポーネントがインストールされていると、アプリは追加のレビューを受けることになります。アプリの残りの部分をテストするのに必要な時間を短縮するために、開発サイクルの終盤やデプロイメントの近くにこのコンポーネントを追加することをお勧めします。

1, Adalo Digital Purchaseコンポーネントは、 App Marketplaceからお客様のAdaloアカウントにインストール できます。まず、Adaloエディタの左ツールバーのプラスボタンをクリックします。次にスクロールダウンして、Explore Marketplaceボタンをクリックします。最後にマーケットプレイスで、Adalo Digital Purchaseコンポーネントをスクロールして見つけ、「インストール」をクリックします。

2, Digital Purchaseコンポーネントを、アプリの購入画面にドラッグします。このコンポーネントは、標準のAdalo Buttonコンポーネントのすべてのスタイルカスタマイズ機能を備えています。

3, デジタル購入コンポーネントの設定ボタンです。AndroidおよびiOSのプロダクトID – これらは、購入される製品の固有の識別子です。GoogleとAndroidはそれぞれ推奨フォーマットを定めていますが、その商品に固有のものであれば何でも構いません。両方のプラットフォームで同じプロダクトIDを使用することができます。Magic Textのコレクションからこのプロパティを選択するか、ここで特定のプロダクトIDを追加してください。

1, Button (ボタン)- アプリのスタイルに合わせて、ボタンのテキスト、アイコン、フォント、カラー、スタイルを変更します。

2, Treat Purchases as Restorations (購入した商品を修復として扱う)-非消耗品と単発のサブスクリプションの場合

・App StoreとPlay storeでは、 ユーザーが過去に購入した商品を新しいデバイスに復元する方法が必要 です。Adaloでは、これらの情報はすべてユーザーのアカウントに関連付けられ、当社のサーバーに保存されていますが、このアクションはアプリ内に存在する必要があります。

・この機能がボタンに対してオンになっている場合、このボタンはユーザーの購入履歴を調べ、過去にこのアイテムを購入したことがあるかどうかを確認します。もし購入されていれば、成功したと表示され、アクションを設定することができます。もしエラーになった場合は、ユーザーが過去に購入していないことを意味します。

・このボタンはどこにでも設置できますが、ユーザー設定画面に設置することをお勧めします。ダイナミックプロダクトIDで複数の商品を販売している場合、商品のリストを作成し、その中にこのボタンを入れておけば、ユーザーが購入した商品を復元することができます。

3, Action(アクション) – Digital Purchaseコンポーネントには、Payment Modalからの異なる結果を処理するための3つのアクションがあります。それぞれのアクションをユニークな画面に追加して、何が起こったかをユーザーにフィードバックしましょう。

・Successful – 購入が完了したことを意味しています。ここでは、購入したアイテムにユーザーを追加するためにデータベース内のレコードを更新したり、ユーザーレコードのフィールドを更新したり、購入とユーザーを結びつけるための処理を行います。

*リストアモード: これは、前回の購入が検証されたことを意味します。新規購入時と同様の操作を行ってください。

・Error(エラー) – エラーが発生したことを意味しています。これは、減少したエラーまたはサーバーサイドのエラーです。
また、エラーログコレクションに保存したり、デバッグ中にテキストフィールドに表示できるエラーコードもあります。”Create “または “Update “アクションを使用し、マジックテキストを使用して以下のようにアクセスします。

リストアモード:これは、前回購入した商品が見つからず、ユーザーがこの商品を購入する必要があることを意味します。

・Canceled (キャンセル)- ユーザーが購入をキャンセルしたことを意味しています。

・Web(ウェブ)ー アプリ内課金は、Apple App StoreまたはGoogle Playstoreからダウンロードしたアプリに対してのみ機能 します。このコンポーネントは、ウェブ上ではデフォルトで非表示になっています。または、このコンポーネントを表示して、Stripeの支払い画面にリンクするウェブ専用のアクションを用意します。

Android SDKをビルドし、AdaloでiOS Testflightのビルドをプッシュします。

Android – デジタルアプリ内課金の設定

まずPlay Storeコンソールで、アプリを選択します。次にデジタル購入コンポーネントを内部またはベータリリーストラックに設定した新しいAPKをアップロードします。 ←これは、アプリに製品を設定する前に行う必要があります。 次に左側のメニューの “Monetize>Products “から “In-App Purchases “を選択します。このページでは、支払いを受け取るためのアプリを設定する手順を説明しています。すべての製品は、価格設定テンプレートに関連付けられている必要があります。価格設定テンプレートを使用すると、複数の商品やアプリで価格を再利用することができ、それぞれの商品ごとに通貨交換や詳細を更新する必要がありません。Google Play Consoleのアカウント設定で、価格設定テンプレートを作成します。アプリ固有の設定ではありません。

価格設定テンプレートにわかりやすい名前をつけ、価格を設定します。価格に税が含まれているかどうかを選択します。

「保存」をクリックします。アプリ固有の設定>Monetize>Products>In-App Productsで、アプリ内商品を作成します。

「Product Details」を完成させます。Product IDは、Digital Purchaseコンポーネントで設定したプロパティです。

製品の詳細を入力してください。次に作成した適切な価格設定テンプレートを選択します。次に製品の “アクティベート “を選択します。
各製品について9~17を繰り返すか、大量のリストの場合は.CSVをフォーマットしてアップロードします。playstoreから内部テスト用トラックアプリをダウンロードしてテストできるようになるまで、お客様のアプリにはさらに審査時間が必要になる場合があります。内部テスト用トラックアプリをダウンロードし、コンポーネントをテストしてください。テストが完了したら、通常通り公開してください。

iOS – デジタルアプリ内課金の設定

App Store Connectで自分のアプリに移動し、左側のメニューで「In-App Purchase」>「Manage」を選択します。これらの商品は、お客様のアカウントのすべてのアプリに追加することができます。(+)ボタンを選択して、新しいアプリ内商品を追加します。

追加する製品のタイプを選択してください。***Auto-Renewing Subscriptionタイプはまだサポートされていません。

製品の詳細を入力してください。

Product IDは、Digital Purchaseコンポーネントで設定したプロパティです。参照名は、ダッシュボードで製品を識別するためのものです。
価格 – 商品の価格帯を選択します。コレクション内の商品の価格を確定する前に、これらを確認してください。App Store Informationは、App Storeリストの「In-App Purchases」情報欄に表示されます。App storeプロモーション – はオプションです。とりあえずスキップしても構いません。レビュー情報- この特定の商品の購入ページのスクリーンショットをアップロードする必要があります。推奨解像度は1242×2688または640×1136ですが、これらのサイズはすべて受け付けられます。Saveはいつも通り保存を意味しています。支払いを受け入れるために、Apple Developer Accountを設定する必要があります。これは、https://appstoreconnect.apple.com で行います。「契約、税金、銀行」セクションを選択して設定します。アプリでアプリ内購入をテストしたり、承認したりする前に、この設定を完了する必要があります。承認されるまでに最大24時間かかります。

TestFlightでデジタル購入品をテストできるようになりました。TestFlightのビルドでの購入は無料ですが、TestFlightで成功すれば、App Storeでも動作します。アプリを十分にテストしたら、App Storeにリリースするためにビルドを提出することができます。初めてIAPを追加する際には、いくつかの追加手順があります。ページ上部の「App Store」タブに移動し、「In-App Purchases」までスクロールダウンします。このアプリに関連する In-App Purchases を選択します。「Build(ビルド)」セクションで、Digital Purchase(デジタル購入)コンポーネントを含む新しくテストされたビルドを選択します。注意:新しいビルドを提出する必要があります。アプリの公開時に既存のライブビルドを使用することはできません。

一般的な出版プロセスに従ってApp Storeにリリースします。これで、デジタル購入で収益化されたアプリがApp Storeに登場しました。

まとめ

いかがだったでしょうか。非常に長くアンドロイドとIOSでも作業方法に違いがあり、正確な理解が求められますね。画像を参考にして作業にとりかかることをおすすめします。それではまた別の記事でお会いしましょう。See You Soon!

 

 

 

 

 

 

 

Katsu

Katsu

高校まで日本で育ち、大学からアメリカ・ニューヨークへ。マスメディア、ジャーナリズム、インターネットメディア戦略を専門に修学。コロナ禍でオンライン主体になりつつある世の中で、記事が何かの手助けになれば幸いです。







関連記事

  1. 記事画像

    【学生必見】BubbleによるWebアプリ開発のリアルに迫る!

  2. 記事作成

    Bubble・オプションセット、エレメントカスタムステート

  3. 記事作成

    Bubbleのバルク操作・コメント・コラボレーションを紹介!!

  4. 記事作成

    Bubbleの専用クラスタについて解説!!

  5. 記事作成

    Bubbleアプリに独自ドメイン名を使用する方法を解説してみた!!

  6. 記事作成

    Bubbleのレスポンシブ構築の基礎を伝授!!

  7. 記事作成

    Bubbleアプリの公開・非公開の仕組みに迫る!!

  8. 記事作成

    Bubble・OneSignalでウェブに通知をつける、AirTable(エアテーブル)

  9. 記事作成

    Bubble・プラグインエディタ&プラグインの一般的な設定について

人気記事

  1. topimage
  2. 記事画像
  3. 特集記事
  4. top_image

おすすめ記事一覧

  1. 記事画像
  2. 勤怠管理
  3. Bubble
  4. 記事画像
  5. 記事画像
PAGE TOP