おすすめ記事

おすすめ記事一覧

Adalo Resource・Apple Appストアへの公開

Adalo - Build Your Own No Code App

皆さんこんにちは。いかがお過ごしでしょうか。年度末ということでご多忙の方も多いかと思います。体調の変化にはお気をつけください。さてこの記事ではノーコードツールAdaloのAdalo Resourceをもとにアプリへの公開セクションより「Apple Appストアへの公開」を日本語解説します。それでは早速いってみましょう!

Apple Developer Accountの作成

*** ご自身のiOSデバイスが必要となります。

1, 個人のApple IDの2ファクタ認証がオンになっているか確認してください。https://support.apple.com/en-us/HT204915

2, https://appleid.apple.com/#!&page=signinにアクセスし、Apple IDアカウントにサインインします。

3, サインインしたら、https://developer.apple.com/programs/enroll/を訪れます。

4, スクロールダウンして、すべての規約に同意するにチェックを入れてください。

5, 次のページで、Apple Developer Accountを個人にするか、企業・団体にするかを選択します。

・ アプリが企業(既存または新規)のためのものであれば、company/organizationを選択します。 これにより、将来的に他の人を開発者アカウントへのアクセスに招待できるようになります。 また、アプリストアのリストには、個人情報ではなく会社の情報が表示されます。 注: このオプションを選択するには、会社がすでに法人格を持っている必要 があります。

・「会社/組織」を選択した場合、Appleは組織のDUNS番号の入力を求めます。

・あなたの組織がすでにDUNS番号を持っているかどうかを確認するには、ここをクリックしてください: https://developer.apple.com/enroll/duns-lookup/

・まだお持ちでない方はこちらからお申し込みください: https://www.dnb.com/solutions/government/duns-number-request-guide.html  なお、この作業を行うには、貴社が法人格を取得している必要があります。このプロセスには約14営業日かかります。 

6, すべての項目を入力した後、「送信」をクリックすると、あなたのアプリケーションがアップル社で処理されます。

Appleデベロッパーアカウントの年払い設定

*** Appleにおいては、あなた自身が開発者アカウントを保つために99ドル/年を支払う必要があります。

1, Apple Developer Accountが承認されると、メールに記載されたリンクをクリックしてログインすることができます(または、こちらのページ:https://developer.apple.com/account)。

2, サービス利用規約への同意をしてください。

3, 年会費99ドルの支払い情報を入力してください(また、毎年自動的に料金を再計算するオプションも選択してください)。
なお、この支払いは処理に48時間かかります。

Apple Bundle IDの作成

1, developer.apple.comに移動します。https://developer.apple.com/

2, 右上の「アカウント」をクリックします(そして自分のアカウントにログインします)。

3, 証明書、識別子、プロファイル証明書をクリックします。

4, 左メニューの「識別子」をクリックします。

5, Identifiers “ヘッダーの横にある青い “add “ボタンをクリックして、新しいIDを作成します。

6, App IDの登録をします。

7, 続けるをクリックします。

8, あなたの説明を加えます。

9, バンドルIDを追加し(explicitがチェックされていることを確認してください)、名前がcom.appname.ios(appnameはcom.instagram.iosのようなアプリの名前です)という正しい形式であることを確認してください。

10, Capabilitiesセクションの中で、下にスクロールして「Push Notifications」を選択してください ***プッシュ通知を使用していないアプリでも、ビルドを成功させるためには必要です。

11, そして、それを登録します。

12, その後、appstoreconnect.apple.comに戻ります。https://appstoreconnect.apple.com/login

13, その後、マイアプリに戻り、プラスボタンをクリックします。

14, 新しいiosのアプリをクリックします。

15, アプリストアのリストに表示させたい名前をつけます。

16, 上記の手順で作成した、このアプリのバンドルIDを選択します。

17, SKUをバンドルIDと同じにします。

Adaloの「アプリ固有のパスワード」を作成する

Appleの「App-Specific Passwords」は、Adaloのようなサードパーティ企業がAppleアカウントに安全にサインインするために使用されます。例えば、WindowsデバイスでiCloudにサインインする必要がある場合に作成しているかもしれません。

Adaloの「App-Specific Password」を作成すると、TestFlightにお客様のアプリを安全にアップロードすることができます。

1, https://appleid.apple.com/account/manage にアクセスします(Appleの開発者アカウントにログインします)。https://appleid.apple.com/

2, “Security “と書かれた2つ目のセクションまでスクロールダウンし、”App-Specific Passwords “ヘッダーの下にある “Generate Password… “ボタンを見つけます。

3, [Generate Password]をクリックします。

4, ラベルテキストとして「Adalo」と入力し、「Create」をクリックします。

5, あなたのパスワードが表示されます。xxxx-xxxx-xxxx-xxxxという形式の16桁のパスワードが表示されます。

6, 自分の記録のために、このパスワードをコピーして安全に記録してください。  **注意:「完了」をクリックした後、Appleはこのパスワードに再度アクセスすることはできません。 コピーを忘れないでください。 

Adaloでビルドを始める

1, Adaloに入り、左ツールバーの「起動」タブをクリックし、iOSアプリのエリアを展開します。

 

2, “Update Settings “をクリックすると、ポップアップモーダルが表示されます。

3, Appleの認証情報を入力します。

・バンドルID。Apple Developer Accountの作成に使用したApple IDアカウントの「メールアドレス」と「パスワード」。前のステップで作成したAdalo用の「App-specific Password」を入力してください。「次へ」をクリックします。

4, iOSアプリの設定を入力します。

・ディスプレイネーム

・起動画面のグラフィックと背景色(注:ユーザーがアプリを開いたとき、ロード中の数秒間に表示されるものです)。

・App Permissions Requestsの設定を行います。Appleは、アプリケーションがユーザーのカメラ、写真、および位置情報を使用するためのアクセスを要求する場合、アプリケーションがこれらの機能をどのように使用するかの説明を提供することを要求しています。各権限をクリックすると、そのテキストをカスタマイズできます。

・「Save iOS Settings」をクリックします。

5, 「Start New Testflight Build」をクリックします。

6, お客様のアプリがTestflightでテストできるようになると、メールが届きます。

Testflightでのアプリのテストについては、Appleのこちらの記事で詳しく紹介されています: https://help.apple.com/app-store-connect/#/devdc42b26b8

 注:Appleから以下のようなメールが届くことがありますが、これは単なる警告であり、アプリの公開を妨げるものではありません。 

構築したビルドをApp Storeに投稿

Testflightでのアプリのテストが完了したら、Appleのガイドに従ってApp Storeにアプリを申請します。

https://help.apple.com/app-store-connect/#/dev34e9bbb5a

まとめ

いかがだったでしょうか。多くの方ががアプリをGoogle Play StoreとApple App Storeの両方に公開されると思いますので、まだの方はぜひ前回の記事もご覧ください。(Google Play Storeへの公開についての記事です。)それではまた別の記事でお会いしましょう。See You Soon!

 

 

Katsu

Katsu

高校まで日本で育ち、大学からアメリカ・ニューヨークへ。マスメディア、ジャーナリズム、インターネットメディア戦略を専門に修学。コロナ禍でオンライン主体になりつつある世の中で、記事が何かの手助けになれば幸いです。







関連記事

  1. 記事作成

    Bubble・API使用ケース&APIを使う

  2. Adalo Resource・マーケットプレイスペイメント後編(Stripe)(スクリーンとコンポー…

  3. Adalo Resource・ユーザーが他の人をフォローできるようにする方法、フォームにステータス(…

  4. 記事画像

    【2020年確定版】BtoB型のオンラインマーケットプレイス制作向けノーコードツールを紹介!

  5. adalo

    Adalo

  6. 記事作成

    Bubble・Segment(セグメント)とGoogle Optimize(オプティマイズ)

  7. 記事作成

    Bubble・APIを定義つける

  8. 記事作成

    Bubbleのプラグイン基礎を徹底解説!!

  9. Getresponse

人気記事

  1. topimage
  2. 記事画像
  3. top_image
  4. 特集記事

おすすめ記事一覧

  1. 記事画像
  2. タスク
  3. 記事画像
  4. 記事画像
  5. Bubble
PAGE TOP