おすすめ記事

おすすめ記事一覧

Adalo Resource・スケジュールされたプッシュ通知の送信方法、スペシャルリンク [メール・テキスト(SMS)・電話]、フォームにドロップダウンメニューを表示する方法

Adalo - Build Your Own No Code App

みなさんこんにちは。いかがお過ごしでしょうか。先週末の雨で各地の桜が葉桜にその姿を変えてしまったでしょうか。さて、今回の記事では前回に引き続いてノーコードツールAdaloのAdalo Resourceよりチュートリアルセクション内の「スケジュールされたプッシュ通知の送信方法、スペシャルリンク [メール・テキスト(SMS)・電話]、フォームにドロップダウンメニューを表示する方法」を日本語で解説します。タイトルの長さほどには複雑な内容ではないかと思いますので、張り切っていきましょう!

スケジュールされたプッシュ通知の送信方法

スペシャルリンク [メール・テキスト(SMS)・電話]

メール、電話、テキストメッセージを開始するリンクの作成方法を紹介します。

リンクアクションを使って、電話をかけたり、テキストメッセージを送ったり、メールを送ったりするボタンを作ることができます。

電話リンク

1, コンポーネントにリンクアクションを追加します。
2, リンク先を「ウェブサイト」に設定します。
3, URL欄に「tel:」と入力し、その後に電話番号を入力します。 電話番号はMagic Textのものを使用します。
4, ユーザーがこのコンポーネントをクリックすると、デバイスの電話アプリが開き、あらかじめ電話番号が入力された状態になります。

Eメールリンク

1, コンポーネントにリンクアクションを追加します。
2, リンク先を「ウェブサイト」に設定します。
3, URL欄に「mailto:」と入力し、その後にメールアドレスを入力します。 メールアドレス自体の番号は、「Current User’s Email Address」などのマジックテキストを使用できます。
4, ユーザーがこのコンポーネントをクリックすると、アドレスがあらかじめ入力された状態で、デバイスのメールアプリが開きます。

テキスト/SMSリンク

1, コンポーネントにリンクアクションを追加します。
2, リンク先を「ウェブサイト」に設定します。
3, URL欄に「sms:」と入力し、その後に電話番号を入力します。 電話番号には、現在のユーザーの電話番号など、マジックテキストの番号を使用できます。
4, ユーザーがこのコンポーネントをクリックすると、デバイスのデフォルトのテキストアプリが開き、あらかじめ番号が入力された状態で表示されます。

フォームにドロップダウンメニューを表示する方法

Adaloアプリでドロップダウンメニューを作成する方法をご紹介します。

このチュートリアルを始めるにあたり、 Adalo内ですでにデータベースが設定されていると便利 です。このチュートリアルでは、”レシピ “というデータベースを作成し、”名前 “というプロパティをtextプロパティで、”料理の画像 “というプロパティをimageプロパティで作成し、”ユーザー “というリレーションシップ・プロパティを作成します。次に、”カテゴリー “に新しいコレクションを作成し、テキストプロパティを追加して “名前 “とします。左パネルの “Categories “の隣にある “0 Records “をクリックします。ユーザーがフォームのドロップダウンメニューから選択できるオプションとなるレコードを、データベースに追加する必要があります。

1, アプリの画面にフォームコンポーネントを追加します。
2, 左側のパネルで、最初のドロップダウンで “Recipes “を選択し、フォームを “Recipes “データベースコレクションに接続します。
3, そこからカテゴリー用のデータベースコレクションに行き、”Recipes “との “リレーションシップ “を設定します。これは、1つのレシピが1つのカテゴリーを持ち、1つのカテゴリーが複数のレシピを持つという[多対1]のリレーションシップになります。「保存」をクリックします。
4, フォームに戻り、左パネルをクリックします。「フィールド」までスクロールし、「表示されるフィールドを追加」をクリックします。これでドロップダウンが作成されます。
5, 左パネルの「Submit」ボタンをクリックしてください。「Add an another action」をクリックして、Recipes画面とカテゴリー画面をリンクさせ、アプリに追加されたレシピを確認できるようにします。
6, カテゴリー画面で、左パネルに移動し、”Image list “を検索します。これをカテゴリー画面にドラッグした後、左パネルのドロップダウンメニューで「レシピ」を選択し、データベースコレクションを「画像リスト」にバインドします。
7, 左パネルを下にスクロールし、「テキスト」の下の「サブタイトル」をクリックして更新します。テキストラインから “Subtitle “を削除します。
8, マジック・テキスト・シンボルをクリックし、”カテゴリー “までスクロールし、”名前 “を選択してください。これにより、画像リストにカテゴリー名が挿入されます。

 フォームをプレビューして、Adaloでフォーム内にドロップダウンメニューを作成したことを確認 してください。

クローン化できるAppに関しては下記リンクよりご確認ください。

https://previewer.adalo.com/c635fec2-d267-4d1d-aab2-894b2259407a

まとめ

いかがだったでしょうか。チュートリアルセクションは小さなテーマに沿って個別の記事が存在するため、タイトルが長く、本文が短いといった構成になっています。細かな操作方法はYouTubeリンクをクリックしてご確認ください。それではまた別の記事でお会いしましょう。See You Soon!

 

 

Katsu

Katsu

高校まで日本で育ち、大学からアメリカ・ニューヨークへ。マスメディア、ジャーナリズム、インターネットメディア戦略を専門に修学。コロナ禍でオンライン主体になりつつある世の中で、記事が何かの手助けになれば幸いです。







関連記事

  1. SaaSロゴ

    Tiger(Jungleworks)

  2. 特集記事

    ノーコードで爆速モバイルアプリ作成!オススメツールを紹介

  3. Adalo Resource・支払いのオプション

  4. 記事作成

    Bubbleの主なインターフェースセクションと主要な原則

  5. Adalo Resource・ データの変更、条件付きアクション、トリガー通知(アクションセクション…

  6. 記事作成

    Bubble・ユーザータイプ・OAuth(オーオース):X を用いたログイン

  7. 記事作成

    Bubbleのアーキテクチャ最適化とエンジンの限界について解説!!

  8. 記事画像

    発注者も必見!ノーコードツールで開発を行うメリット13個

  9. 【体験談】記事作成中に使っているツールのご紹介!

人気記事

  1. topimage
  2. 記事画像
  3. top_image
  4. 特集記事

おすすめ記事一覧

  1. Bubble
  2. 記事画像
  3. タスク
  4. 記事画像
  5. 記事画像
PAGE TOP